2017-10-26

ローカル政党への道(再掲)

今回の衆院選で(あまり話題にならないが)共産党が大敗している。いや数的に言うと一番大敗だろうと思う。なぜなら、マスコミは「立憲民主党」の躍進と「希望の党」の人気が急落したことばかり言うが、数的に合計して見れば元民進党系の議員はなんとかなっているのである。

» 続きを読む

2017-10-22

金融緩和は単なる金持ち向けの優遇政策か?

金融政策は単なる金持ち向けの優遇政策ではなく、雇用政策にも連動した影響を与えるからこそ運用すべきである......というのは、経済学的には基本的な認識だそうだ。 確かに庶民の生活に影響するには時間がかかる。だから野党の言うように「アベノミクスで生活が良くなりましたか!」と問われれば、なんか実感ないよねって話になる。

» 続きを読む

有効求人倍率が今や1.5倍はごまかしなのか?

若い世代で自民党の支持率が高い。今まで若い人たちの投票率は、年配者に比べて低いので、そこが今回どうなるのかによって結果に大きく影響すると言われている。

自分の子供も今年大学卒業である。思ったより早く内定が決まり、息子から同級生などの状況を聞くとやはり売り手市場の就職であるのは本当らしい。子供が中学生ぐらいの頃は、大学生の就職活動はほんとに大変で、ニュースなどで見ていても可哀想だった。

» 続きを読む

アベノミクスによる株価の上昇は庶民には関係ないのか?

10/20,21と用事で川崎と上野、秋葉原へ行った。残念ながら秋葉原での衆院選シメの首相演説は時刻の関係で行けなかったが、日にちが日にちだけに街を歩けば政治家にあたる状態だった。 

» 続きを読む

2017-10-15

「希望の党」の支持率が急落

「希望の党」の支持率が急落しているらしい。

例によって朝日放送系のニュース番組では、小池百合子が「排除しますw」と言ったことが一因だといった論調である。 

» 続きを読む

立憲民主党の支持層のニュースがよくわからない件

朝日系の報道は、「立憲民主党」の支持率がどんどん伸びている、「アベ批判」の受け皿になりつつあると言う。しかしそれがどこまでのものか断言しずらい。

» 続きを読む

共産党は小池百合子の「排除」を批判する資格はないっしょw --- 「排除します」の件(4)

都知事選が終わると共産党はすぐに小池人気に便乗し、宇都宮健児氏のことなど忘れてしまった。

小池知事がズルズルと引き延ばしてきたあげく一応移転することだけは決まった豊洲市場だが、実際には科学的安全レベルであった豊洲の汚染を大げさに吹聴した共産党は、今になってハシゴを外された形だ。

» 続きを読む

都知事選にもあった共産党的排除 --- 「排除します」の件(3)

(2)に書いたのは確かに古い話ではある。

ただ現在の共産党もその実態は変わらない。それになぜこんなことを言うかというと、私自身がかつて共産党員であり、支部会議などでこうした話、「あそこの団体で最近問題が起きている」「県委員会が何とかしないとマズい等言っている」といったことを何度か実際に聞いたことがあるからだ。民主集中制の場合、問題であるとされるのは政敵だけではなく、中央の方針とそぐわない共産党員だったりするのである。こうして「共産党」による「政敵の排除」と「仲間内に居る裏切り者への排除」、外への「排除」と内への「排除」が始まるわけだ。

» 続きを読む

昔から伝統的にあった共産党的排除 --- 「排除します」の件(2)

(1)に比べると相当古い話になるが、この百田氏の講演中止事件を聞いて、かつて日高六郎氏が「日本共産党への手紙」の中で書いていた話を思い出した。

» 続きを読む

左派的な一種のポピュリズムとしての「排除主義」 --- 「排除します」の件(1)

小池百合子がニッコリ笑って「排除します」と言った。そこで最近なにかと話題の(?)「排除」について書く。

» 続きを読む

2017-10-11

国家戦略特区が悪いのではない --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(10)

「加計問題」で大きく感じたこと、それは、権力と反権力の構図が昭和の頃と随分変わってしまったことである。

» 続きを読む

2017-10-10

で、やっぱり前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(9)

閉会中審査で青山氏や小野寺氏による質疑で明らかになったもうひとつのことは、前川氏の主張の根拠が実に空疎だったことだ。

彼が言う「行政が歪められた」と感じたこともしかり、そこで取り沙汰された認可対象が当時の状況からして加計学園だけだったため「加計学園のことに違いないと思った」など、全て自身の主観であったこと、上司や関係閣僚からこの時こう指示されたといったものは、書かれた文書はもちろん、耳で聞いた証拠すら無かったこと、確たる証拠もなく前川氏が「そういう意味で個人的に受け取った」にすぎないものだったのだ。

» 続きを読む

TVや新聞の信頼性はむしろ終わりつつある --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(8)

この数カ月の政治報道で特徴的だったのは、一部の左派系新聞やTVニュースよりもネットの情報のほうがずっと網羅的で、その分私達は情報の真実を選びとり判断できるようになったことだ。

かつてネットの情報は信頼できないと言われ続けた。しかしある記事には一定のバイアスがかかっていても、いろんな方向からのそれぞれのバイアスが読めるので、全体的にはネットのほうが役に立つようになった。

小池百合子が出馬した昨年の都知事選でもSNSの効果が言われたが、TVや新聞の信頼性はむしろ終わりつつある。閉会中審査で加戸前愛媛県知事が言った言葉、

「TVも新聞も私の意見など取り上げてくれなかった。YouTubeだけが本当のことを流してくれた」と語ったのは、象徴的である。

» 続きを読む

で、前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(7)

7月頃から、ネットでいろんな人たちの意見を読んでいくうちに、左派政党やTVのニュースで言われているような「首相のお友達政治」といった見方が、奇妙なものに見えてきた。

そうなると、いろんなことが関連し始める。

玉木議員の出身のことや、加戸前愛媛県知事が獣医師会や関連議員から長らく圧力をかけられていたこと、「加計問題」が報道されだしてからTVに、いかにも地位のありそうな(偉そうな)獣医や元獣医と名乗る人たちが出てきて、「愛媛なんかに獣医師大学作ったって、需要も無いしうまく行かないよ」なんてほくそえんで語っている報道が増えてきたこと、......などなどいろんな事象がつながって見えてきたのである。

» 続きを読む

加計学園問題、新聞やTVのニュースが全くあてにならなかった --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(6)


残りは「加計問題」である。

「加計問題」で一番最初から感じていたこと。それはなぜ首相が追求されているのかという、素人っぽい疑問だった。

大学などの学校法人の許認可は全て文科省が牛耳っているということは知っていた。そして調べていけば少しずつわかってくる。

» 続きを読む

「モリカケ」の「モリ」はもういいから --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(5)

森友学園の問題の焦点は国有地の低価売却問題であり、この点については財務省(近畿財務局)の問題が最も大きいのではないか。

だが首相の奥さんが名誉校長だかになっていた(されていた)のは事実であろうし、この点首相や昭恵夫人側に甘さがあったのは首相自身が認めている。 100万円の献金については、籠池氏の思い込みである可能性が強く、なんの事実証拠も出てこないままに、籠池氏は容疑者になってしまった。

» 続きを読む

「国民」という言葉自体が印象操作されている --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(4)

この数カ月、毎日のようにTVのニュースで、例の「モリカケ問題」を見せられてきた。

我々も、もういいかげんうんざりである。さっさと普通に必要な議論しろよ!と言いたくなった。これだけ北朝鮮のミサイル・核問題が浮上している中で、国会でまともにこの問題での防衛議論がされなかった国など、ほとんど天然記念物と他国から思われてはしまいか。

» 続きを読む

2017-10-09

TVに出ている「こんな人たち」 --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(3)

「こんな人たち」にほぼほぼ近い主張の人たちは、TVにはけっこう出ている。

代表的なのが日曜朝の「サンデーモーニング」の出演者。

» 続きを読む

「一部の左翼=国民」では無いはず --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(2)

今年7月の都議選で、秋葉原駅前の街頭演説にて、「アベやめろ!」のやじを飛ばす一団の人たちに向かって安倍首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかない!」と言ったことがマスコミに大きく取り上げられたことは記憶に新しい。

これに対して国民蔑視だとの批判が相次いだ。この件については「新報道2001」のような保守系の番組ですら、「ちょっとまずかったんじゃないの...」的論調で取り上げられた。結果的に、加計学園問題を議論した閉会中審査での首相の低姿勢につながっていった。

» 続きを読む

「戦争法」だの「共謀罪」だのとず〜っと続いている偏向報道 --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(1)

この3月頃から8月頃にかけて、朝日毎日新聞TBS系のテレビ等の左派系メディアを中心に、「モリカケ疑惑」なるものがうんざりするほど流されてきた。

昨年までの安全保障法制に対する「憲法違反だ!ぶっ潰せ!」との左派系論壇、さらに「共謀罪」反対キャンペーンも同じ。まともに議論するのではなく、ただただ安倍政権を倒せれば何でもいい的な偏向報道がたっぷり流されてきた。そのうえで、またまたこの「モリカケ疑惑」が続いてきたのである。 

» 続きを読む

«偏向報道の件

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ