2018-05-03

偏向報道に利用しやすい「世論調査」

アンケート対象者に年齢的、職業的に偏りが出たうえで、さらにボタンで回答する方式では、有権者かどうかさえあいまいなまま「有権者世帯〇〇千名に聞きました」的に報道され、いかにも反政府的な意見が半数を超えた、不支持率が支持率を超えたと一般多数の意見であるかのように報道される。

» 続きを読む

いまさらだが新聞TVの「世論調査」について考える

ツイッターで政府批判をしている人(議員とかでなく一般人、たいてい団塊世代の人多い)の書いていることを読んでいると、「無いと言っていた文書が出てきた」とか「首相案件とか書いてあったじゃないか〜」とか「前は記憶にないと言っていたのにウソ言ってたじゃないか〜」とか、まあ朝日的な表面情報で簡単に「疑惑」につなげてしまうものが多い。これでは新聞やTVの「言葉の使い方」だけで簡単に印象操作されてしまう。

» 続きを読む

「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(3)

さてもう一つの加計学園の件でも、本質無視の報道が延々とされてきたのが事実である。

しかし加計学園の件は森友学園のほうと違って官僚の不正疑惑などない、完全な野党とマスコミによる偏向捏造報道である。しかし獣医学の問題のことの本質は、口蹄疫やBSE、鳥インフルなど人間生活に直結する問題だ。この本来議論すべきことを、野党も大手のメディアもほとんど触れずに、どうでもよい大騒ぎだけしてきた。

» 続きを読む

「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(2)

首相夫人がいやいや名誉校長になった話は、夫人の不用意なミスだが、土地売買の契約自体はそれより前に成立している。名誉校長になるより数カ月前、2014年のある時期から首相夫人は籠池氏と知り合っているが、それよりずっと前に航空局が特殊なあの土地を売りたがっていたこと、2013年9月に森友が小学校用地として取得要望を出した頃から近財が森友に取得指南していたこと、などが財務省の改竄前の文書内容に記録されている。(だからこそ文書は改竄せずに出すべきだった)

» 続きを読む

「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(1)

前の記事で、ネットで朝生の長谷川幸洋氏の発言を擁護したら、左翼界隈の方からブロックされた話を書いた。今月の月刊HANADAで、その長谷川氏が森友問題をもう一度まとめている。ことは時系列に並べてみるとともに、そもそも論で引いたところから全体を見る必要があると思う。

» 続きを読む

2018-04-30

もうウンザリな「森友疑惑」、朝日の「朝生」にTVの討論番組の終わりを感じた

Db1ujefv4aanmue

野党の欠席で国会が空転している。韓国と北朝鮮の南北首脳会談という大きな(ただしあまり期待できない)ニュースがある中で、こんな日本の国会議員の実情を、例えば拉致被害者の家族の方たちはどんなやりきれない思いで見ているのだろう。

» 続きを読む

2018-03-25

これで改憲議論は遠のいた〜というのが朝日新聞の狙いどおりかも

佐川氏の証人喚問が来週実施されるらしい。しかし大した話は出てこないのではないか。野党が求めるような昭恵夫人の証人喚問は、逆に堂々と出てきて話せば潮目が変わるのではないかとも思う。しかし一方で、あのくどいこと甚だしい野党の言葉遊びに、渡り合える能力を昭恵夫人が持っているのかというと疑わしい。首相が気にしているのは、心に疚しいことが無くても下手な発言でかえって利用されかねないということではないだろうか。

» 続きを読む

「昭恵夫人の責任」とはいかなる程度のものか?

財務省も文書の改竄などせずオープンにすればよかったはずである。安倍政権も初期の段階で、地中ゴミと言われるものが本当はどれほどのものか、契約が適切にされたのかどうか、実際に徹底的な調査をさせればよかったのである。実際今になって、地中ゴミの実態が、籠池氏側の主張したとおりのものでは無かったのではないかとも言われだした。官邸は、官僚の言う「問題ない」「適法だ」を鵜呑みにしていて、野党の印象先行な「疑惑の追求」に毅然と対応できていなかった。官僚に対する政治主導なんて、実はちっともできていないのである。

» 続きを読む

2018-03-24

「忖度」とか「政治家の圧力」どころか、政治家側が官僚の失敗に振り回されているのではないか?

そもそも森友問題の発端は、すぐ隣の土地の豊中市への売却に始まる近畿財務局のチョンボである。生活ゴミが大量に埋まっていることを知りながら、その情報を買い取り側にきちんと説明せず、また競争入札にもかけずに、問題のある土地を早く売り切りたかった近畿財務局が、籠池氏という人物に出会ってしまい、地中ゴミの件で訴訟するぞとなかば脅されて契約してしまった。その間近畿財務局と理財局、財務省の内部でどんなやりとりがあったかは今だ明確ではないが、その後国会での様々な答弁があり、今回文書改竄疑惑まで重なり、これ以上ないほどややこしくなってしまった。

» 続きを読む

財務地方局の下手な国有地売買なんて、実はいくつもあるのではないか?

野党議員が籠池泰典被告に接見したあとの記者会見がTVニュースで報じられた。今井雅人とか川内博史とかいう民進党で見たはずの議員が会見していたが、テロップには”希望の党の”とか”立憲民主党の”とか出るので、見た人は頭が混乱してくるかもしれない。要は分解してバラバラになった元民進党の議員らが、所属党だけ変えてずっと同じことを続けているのだ。その後ろには共産党の宮本岳志議員もボ〜と立っている。

» 続きを読む

2018-03-23

財務省の文書改竄が不可解

財務省の学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書書き換えが問題になっている。決裁文書改竄が本当なら大問題だということに異論は無い。ただ、またも国会審議がこれ一色になって、肝心な防衛や経済の問題が十分議論されていない。それどころか麻生財務相は、アルゼンチンで開かれたG20を欠席せざるえない始末。

» 続きを読む

2018-02-03

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(4)

昔「赤旗」の拡大活動をしていた時、妙に話を聞いてくれるおばさんが居た。熱心かつ丁寧で、玄関で立ち話も何だからと応接室まで上がらせてもらって聞いてくれた。こっちは職場の党員上司と2人組。机に「赤旗」の紙面を広げて調子に乗って話した。

「この記事を見てください。今アメリカが世界の様々な場所で小規模な紛争に加担しています。その数たるや驚くべき数字です。日本の政府もそんなアメリカに無批判に追随し、このままでは自衛隊はそんなアメリカの利権戦争に加担させられる可能性があります。でもこういったことは一般の新聞やTVではほとんど報道されませんよね。こんな時代だからこそ「赤旗」と共産党が必要です。」


.....とそんな感じで私と上司は「赤旗」を前に熱く語った。おばさんも一見熱心に「ほーー、そうなのーー」と聞いてくれたのだが。

» 続きを読む

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(3)

私もかつては党員だったから、毎日の赤旗を読むことから一日が始まった時代があった(笑)。

赤旗だけでなく、学生向けのなんちゃら新聞とか全学連(いわゆる民青系)の機関紙とか、さらに当然のように民青新聞も取って(取らされて)、さらに毎月の「前衛」「文化評論」「月刊学習」とか買って、たまに新日本出版の「経済」とか新書とかも買って、不破の単行本とかも時々買っていた。今思えば共産党絡みの新聞・雑誌・書籍に毎月どれほどのお金を使っていたことか!読売新聞すら取らなくなった今と比べると隔世の感がある。つーか何というアホらしい青春だったのだらうか!!

» 続きを読む

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2)

話を「赤旗」に戻そう。

「赤旗」という新聞は朝日やTBSほどの影響を持っていない。TVのニュースや大手の新聞は日本共産党や「赤旗」の批判はほとんどしないが、それは批判するとうるさいからということもある。そこは公明党&創価学会批判をしないのと同じだ。また一方で、「赤旗」の場合は「世間への影響力がない」=「批判するほどの価値が無い」という点もあるだろう。

» 続きを読む

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1)

数年前から辿ると産経、朝日、読売と、我が家では新聞を数年おきに変えてきたが、先月その読売も止めた。今後、紙の新聞は取らないことにした。ネットの情報で十分である。

さて今年は赤旗創刊90周年だそうである。某所で「初代編集長の名前が出せない理由」なる記事が載っているが、私はさほど詳しくはないものの、その人物のことを少しは知っていたので思わずクスッと笑ってしまった。

» 続きを読む

2018-01-20

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪

51l4ktlihdl_sx336_bo1204203200__3

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪

小川榮太郎 (著)

朝日新聞はこの本と著者を訴えるとしていたらしいが、どうなったのか?普段「言論の自由」を標榜する大手新聞が、自分とこを批判する本を訴えるなんて事自体、頭は大丈夫か?と思ってしまう。

ついこの前、トランプが勝手に「フェイクニュース大賞」を決めたらしい。最近出たWILLの2月号別冊(売れてるらしいw)の表紙にも「朝日新聞」の赤い大きな文字の読みとして「フェイクペーパー」と添えてある。 今日の夕方TBSのニュースを見ていたら、トランプの「フェイクニュース大賞」について解説委員が次のような意味のことを言った。

「自分と意見の合わない報道を一方的に『フェイク』と決めつける姿勢はあまりにもアンフェアだと思いますが、これは我が国の報道に対する出来事においても他人事ではありません。」

よりによってTBSが何言ってんだ?と思ったのは私だけでしょうか?

» 続きを読む

2017-10-26

ローカル政党への道(再掲)

今回の衆院選で(あまり話題にならないが)共産党が大敗している。いや数的に言うと一番大敗だろうと思う。なぜなら、マスコミは「立憲民主党」の躍進と「希望の党」の人気が急落したことばかり言うが、数的に合計して見れば元民進党系の議員はなんとかなっているのである。

» 続きを読む

2017-10-22

金融緩和は単なる金持ち向けの優遇政策か?

金融政策は単なる金持ち向けの優遇政策ではなく、雇用政策にも連動した影響を与えるからこそ運用すべきである......というのは、経済学的には基本的な認識だそうだ。 確かに庶民の生活に影響するには時間がかかる。だから野党の言うように「アベノミクスで生活が良くなりましたか!」と問われれば、なんか実感ないよねって話になる。

» 続きを読む

有効求人倍率が今や1.5倍はごまかしなのか?

若い世代で自民党の支持率が高い。今まで若い人たちの投票率は、年配者に比べて低いので、そこが今回どうなるのかによって結果に大きく影響すると言われている。

自分の子供も今年大学卒業である。思ったより早く内定が決まり、息子から同級生などの状況を聞くとやはり売り手市場の就職であるのは本当らしい。子供が中学生ぐらいの頃は、大学生の就職活動はほんとに大変で、ニュースなどで見ていても可哀想だった。

» 続きを読む

アベノミクスによる株価の上昇は庶民には関係ないのか?

10/20,21と用事で川崎と上野、秋葉原へ行った。残念ながら秋葉原での衆院選シメの首相演説は時刻の関係で行けなかったが、日にちが日にちだけに街を歩けば政治家にあたる状態だった。 

» 続きを読む

«「希望の党」の支持率が急落

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ