« 2005年1月 | トップページ | 2007年11月 »

2007-09-16

ジョージ・オーウェル「1984年」〜 過ぎ去ってなお存在している近未来

  • 1984年  ジョージ・オーウェル (著)  (ハヤカワ文庫)

1984 大学に入る前の高校〜浪人時代、私が最も影響を受けた本は、J.G.バラードの一連のSF、エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」、そしてこの「1984年」だった。最近この「1984年」をひさしぶりに読んでみた。高校時代とは比べられない、強烈なインパクトを感じた。

言うまでもなく、1984年はすでにずいぶん前に過ぎ去ってしまった。だからと言ってこの本が近未来小説としての意味を失ったわけではない。「1984年」が出版されたのは1949年である。ジョージ・オーウェル はその翌年、1950年1月23日に46歳という若さで亡くなった。このころまだスターリンが生きていた。スターリンが死ぬのはその三年後である。1949年時点で1984年は十分未来であったろうが、もはや懐かしむ時代である。この小説に出てくる様々な機械的装置も、コンピュータが主流となった現代から見ればどこか滑稽なアナログ的味わいがある。しかしそんなことはどーでもいいだろう。オーウェルが描いた世界が現実に存在し、また多くの社会主義国が崩壊した今日でも、例えば日本のすぐ近くにこの小説の舞台「イングソック」(イギリス社会主義)とそっくりな国が現に存在する。我々は拉致問題を通じて日々その国の内実を、たとえ表面的な情報であっても聞かされている。

続きを読む "ジョージ・オーウェル「1984年」〜 過ぎ去ってなお存在している近未来" »

NHKスペシャル「激流中国 民が官を訴える 〜土地をめぐる攻防〜」

日本人には全く理解できないものを見てしまったという実感。以前、萩原遼氏の著作「金正日 隠された戦争」を読んだ際、北朝鮮では全ての食糧が配給だということが、頭では分かっても実感として理解できなかったが、その前提が分からないと飢饉でたくさんの人が死んだと聞いても事実が想像しずらい。つまり日本の戦国時代の飢饉とは、意味が違うのである。この現代中国における人民からの土地の取り上げ?も、中国の全ての人民は、国家の所有物としての土地の上に暮らしているのだということをまず理解しないことには、何が起きているのか分かりにくい。

続きを読む "NHKスペシャル「激流中国 民が官を訴える 〜土地をめぐる攻防〜」" »

« 2005年1月 | トップページ | 2007年11月 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ