« 近所に住んでる右翼のおっちゃん | トップページ | ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 »

2008-03-16

チベット蜂起に対する中国政府の弾圧に断固抗議する!

最近チベット問題に関心を持って2つばかり記事を書いたが、タイムリーと言っては不謹慎だろう。

ついに起きてしまった、1989年以来最大の蜂起となる状況である。

20080315tibetto






 






14日、中国のチベット自治区ラサで中国国旗を燃やす抗議デモ参加者(ロイター=共同)

1989年の大蜂起以来というが、1989年とはベルリンの壁が崩壊した年であることを思い出そう。東ヨーロッパに春が来ようかという時代に、チベットはまだまだ暗黒の時代であったのだ。そして今でも何も変わっていないのである!

きっかけは、僧侶に対する公安、武装警察らの暴力にあるようだ。

チベット民族蜂起49周年の3月10日にラサでおこった僧侶に対する公安、武装警察らの暴力以降、14日、ついに暴動に発展してしまいました。ラサが燃えています。

■11 日にセラ寺でおこった抗議デモは催涙弾で制圧されました。このあと、ジョカン、デプン、セラのラサ3大寺院は人民解放軍に包囲されていました。デモ隊に武 装警察が発砲して2人が死亡した、と自由アジア放送が報じました。セラ寺では、僧侶らがハンストを行って、当局の暴力に抗議しています。2人の僧侶が、抗 議の意味で手首を切って重体。(産経ニュース:【記者ブログ】チベット暴動の悪夢再び!五輪どころじゃね!福島香織 )

思えばこのようなニュースはたびたび報道はされてきた。しかし日本のメディアの関心度はどれほどのものだったろうか。少し前のミャンマーの蜂起の際は、日本人ジャーナリストの長井さん射殺事件があったので、やや長く報道されていた感もあった。しかしチベットの場合は、いつも単発的なニュースで終り、どれほど人々の関心を呼んだであろうか!

知る人は知っているが、実は胡錦濤は過去のチベット弾圧に関わった張本人である。

胡錦濤にはいろいろと知られざる暗い過去がある。1989年頃、胡錦濤はチベット自治区の党書記であった。その時勃発したチベット蜂起を武力弾圧した張本人が胡である。

歴史上、中国人は古くからチベットに圧制を強いてきた。大戦後、中国共産党がチベットを軍事侵略したのは1951年、多くの仏教徒を虐殺し、ラマ教の由緒ある寺院を破壊し尽くした。1959年、ダライ・ラマはインド北部へ亡命、臨時政府を樹立した。中国は居残ったパンチョン・ラマを都合のいいように政治利用してきた。特にチベット民衆の心の中に根付くダライ・ラマ14世の精神的影響力を、なんとかして排除しようと必死になってきた。

1987年頃から、ラサにチベット民衆の蜂起が断続的に起こるようになり、89年にはとうとう戒厳令が敷かれた。そのときの弾圧の責任者こそが胡錦濤だったのである。

今回のチベット蜂起は、言わば、今回改めて国家主席となった胡錦濤に対して、彼自身が行った過去の悪業が復讐をしているようなものだ。

 

--------------------------------------------------------------------------
今日あったニュースをいくつかひろいだしてみた。

新華社は死者10などとしているが、海外メディアは死者30人、非公式な情報ではすでに死者100人を超えると言われている。

しかもダライ・ラマ14世の一派らによる組織的な活動などと、ラマがあおっているような報道をしている。1950年代から併合弾圧を続けてきた中国政府の悪業とチベット民衆の不満との関係を覆い隠そうという意図がみえみえだ。

しかも自首要求・密告奨励とくれば、天安門事件の時と同じパターンだ。社会主義国家の民衆弾圧における常套手段が全開である。

--------------------------------------------------------------------------

日本のTVニュースでは評論家が冷めた口調でこう言っていた。「オリンピックが近く、国際的にも人権問題の解決が要求されている時に、国際世論の批判を恐れて 中国政府はなにが何でもこの蜂起を鎮静化しようとするだろう。チベット民衆にとっては残念だが...。」"残念だが"で終わられたのでは、たまったもん じゃない。そういう"鎮静化"が何を意味するのか、背後でいったい何人の命が奪われるのか、もっと想像して言ってもらいたいものだ。

チベットの聖都「ラサ」はチベット語で「神の地」という意味だそうだ。この「神の地」を中国政府は軍事力で今まで何度も踏みにじってきた。中国政府がこれまでチベットにしてきた、言葉に表せない凄まじき殺戮、弾圧、宗教破壊。ここには現存する数少ない社会主義統制国家の問題が炸裂してい るのだ。宗教者への迫害が契機になるのはミャンマーの場合も同じだが、本来平和主義で非暴力であるはずの仏教の僧侶がここまで怒るというのは、もうそれだけでも大変な圧制が敷かれてきた 証拠である。普段おとなしいチベットの民衆の貯めにためた怒りが暴動化しているのだ。彼らはマジで命を賭けて闘っている。

私達にたいしたことはできないだろう。しかしネットの時代を少しでも活かしたいものである。多少でもチベット問題に関心をもつ世界のブロガーよ!この悲惨な事実を皆が自分のサイトで告発しよう!

Marbles:はチベット蜂起に対する中国政府の弾圧に断固抗議する!

中国政府はチベット民衆への蛮行を即刻止めよ!

[参考]

20080315tibetto2

14日、大規模衝突が起きた中国チベット自治区ラサで、軍のトラックに石を投げつけるデモ隊(ロイター)

20080315tibetto4_2

20080315tibetto3_2

20080315tibetto6_4

 

20080315tibetto5_4

 




















« 近所に住んでる右翼のおっちゃん | トップページ | ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/40512614

この記事へのトラックバック一覧です: チベット蜂起に対する中国政府の弾圧に断固抗議する!:

« 近所に住んでる右翼のおっちゃん | トップページ | ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ