« 長編ドキュメンタリー「米国“闇”へ」 | トップページ | 続・中国軍のチベット人への蛮行 »

2008-03-06

チベット弾圧についてのサイト

僕の職場に中国のことに詳しくて、そのへんの文献を日々読みあさっている人が居る。ちょっと右向きなのが玉にキズなんだけどねw。

日本のメディアの中国取材番組をTVでやっていたときのことだ、と彼が言い出した。中国の役人にチベットのことを聞くと、別に批判的な質問をしたわけでもないのにこうかえってきたそうだ。

「チベットという国はこの世に存在しない!! 存在しない国の話しはできません!!」

彼らにとって、台湾もチベットも全ては無いに等しいようだ。

以前見付けた、恐るべき事実を伝えるサイトから一部を転載し、紹介しておく。1年数ヵ月前に立てられたエントリ(2006/11)だが、知る人が増えるたびにコメントが書かれ、最近までず〜っと引き継がれている。

中国よ!! 私も問いたい!! これは真実か!!

------------------------------------------------------------------------

下の写真をご覧下さい。


明らかに10〜15歳ぐらいの少女と思われる子供が銃殺刑に処せられています。

Tibet1_2

銃殺前後の画像はこちら(注意残虐画像あり)


..... 中国では年間1000名を越す人間が死刑判決を受けているのです。

例え中国の人口が日本の10倍以上だからと理由を付けたとしても、この数の多さは到底、人権問題として放置できる数値ではありません。

そして日本のニュースでは絶対に取上げられない事ですが、チベットでは、圧政に苦しんでいるチベット人の蜂起が度々起こっています。

 

------------------------------------------------------------------------

より詳しくはこちらへ

チベットの弾圧について=> http://blogs.yahoo.co.jp/keinoheart/22733869.html

 

« 長編ドキュメンタリー「米国“闇”へ」 | トップページ | 続・中国軍のチベット人への蛮行 »

コメント

あさっての東京での大学同窓会に出ようかどうか迷っているという、のどかな話を
しにきたのですが、ブログ記事を読み、絶句です。
赤旗では、中国内の民族・人民弾圧を絶対に報道しませんね。
ですから党員・支持者はチベット問題などまったく無関心でした。
私もそうでした。それらの問題の異常さに、脱党してから気づきました。

東京の同窓会も大阪同様の雰囲気だろうなあ。
行きたくないな、でも懐かしくもあり・・・
憎いけれど忘れられない昔の恋人って感じでしょうか。

>行きたくないな、でも懐かしくもあり・・・
僕も去年名古屋であった同窓会では同じ気持ちでした(夫婦ともに同じ気持ちで悩んだ)。「うたごえ運動は嫌いだ」の記事に書きましたが、脱党の川超えをした人にとって、日F大の同窓会は、あっちの世界の参加者が多い場合、どこか奇妙に見えると思います。
萩原遼さんのことで話題になりましたが、党員の方たちとは、例えば拉致問題についても温度差がありますネ。
実は、も一つ党員と一般の国民の間で温度差のある重大な問題があります。今年は日本国中がこれで揺れるでしょう。御存じのように日F大の教授がからんでます。光市の母子殺害の裁判のことです。詳しい理由が分からないまま我が家でも「謎」になっているのですが、党員のこの問題に関するおかしな感覚を、僕は同窓会で発見しました...。

JKB先輩!光市母子殺害裁判の犯人の精神鑑定?をしているいのは、日F大の教授であるのは知っています。代々木病院元医師だっけ?
それはうろ覚えですが、大学に、代々木病院出身の医師がいますよね。

追伸。共産党カルト集団と化した頃の愛知のY福祉会の理事長は、長らく日F大障害者福祉論専門だったH教授です。私はH氏の責任も問いたい気分です。

日F大に代々木病院系の人間が居るかは知りません。光市母子殺害裁判のことを今いろいろ調べているんですが、問題鑑定をした日F大の教授や友人の安田弁護士がどんな人物か程度のことは分かるものの、もっと奥の部分が見えてきません。ただ、日F大の職員やその周辺に居る関係者の中で"共産党員にかぎって"は、この問題教授に同情的な、あるいは批判的立場に明確に立てない人が居るようです。そういう人たちが、例えば自分には関わりの無い別の人権問題では人権派の顔をするのなら、きわめて矛盾してますよ。

ここで紹介したサイトの方もこう書いていますよネ。

>日頃、人権人権とウルサク言っているサヨク連中も、チベットの人権問題のことになると知らん顔を決め込んでいます。サヨクはちょっとした労働環境の変化でも、重大な人権問題だといい張っていますが、私に言わせれば、日本でおこる問題のほとんどは「重大」ではありません。本当に重大な人権問題とは・・・多くの人の命に関わるものなのです。!

ネットで裏情報や内部告発がされる時代に、共産党はこういう意見を甘く見ないほうがいいと思うのですが。

ところで、せっかくゆみさん復活したのに僕は熱が出てきました。やや黄砂アレルギーぎみ。ロシアと中国の悪口ばっかり書いてるからたたられたんでしょうか?
またいろいろ調べてみます。わからんこと多過ぎるけど....。

同窓会には参加しませんでした。
会場まで車椅子で公共交通機関を使っていくと2時間もかかるので、風が冷たい季節でもあり、行くのが大変なので、尻込み・・・
>本当に重大な人権問題とは・・・多くの人の命に関わるものなのです。!
その通りですね。
私は商店で商品の交換を頼んで、塩を撒かれたり、保育園の親子遠足で
リフトバスを用意してもらえず参加できず、それらのことを人権侵害や差別であるとブログに書いたら、悪意ある人間たちに2ちゃんねるに晒され、バッシングされて、ブログのアクセス数が1万近くになり、とんだ騒ぎになってしまいました。
JKB先輩、お体、お大事に。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/40389428

この記事へのトラックバック一覧です: チベット弾圧についてのサイト:

« 長編ドキュメンタリー「米国“闇”へ」 | トップページ | 続・中国軍のチベット人への蛮行 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ