« ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 | トップページ | チベット問題を積極的には報道しないある新聞 »

2008-03-20

今チベットで行われていること

チベットの蜂起と中国の弾圧については、ヨーロッパの世論は、オリンピックをボイコットすることも検討せよなど、日本よりずっと態度がはっきりしてきている。

これに比べて、日本の政府・政党にしろ中国や北朝鮮と何らかの関係をもつ諸団体の態度からは、まともなコメントが聞こえて来ない。したがって政党の 機関紙となると、救いようのない貧弱な記事しか書けないところもあるようだ。赤旗の取り上げかたなどは、ある種の中国擁護姿勢としか思えない。

と書いていたら、情けないニュースが聞こえて来た。高村外相「五輪ボイコットせず」だそうだ。これならまだ何も言わない方がましでは? 何もこの時期に中国に媚びへつらう必要もないだろうに。日本はほんとになさけない。

ところでこの問題について論じたある記事には、超党派の議員連盟「北京オリンピックを支援する議員の会」の話が出てくる。メンバーをよく見ると、自民保守系・公明はもちろん共産党の偉いさんも居てるようだ。ああ、なるほどな。野党外交(笑)、社会主義研究の交流など以外にも、こういうことで自分達の口をしばっているわけか。赤旗の記事がおかしいわけである。ひょっとして日本共産党は、中国共産党がチベットを占領して、前近代的な農奴と宗教の国家から開放したという、エセマルクス主義的解釈を支持するつもりかヨ。

一方日本の民間マスコミは、これでもまだ報道してる方だろう。まあたしかに、消えて行く夜行列車のニュースに同じぐらいの重点置かれちゃどうかとは思うけどネ。でも中国擁護でないだけましかな。ただし視る側に伝わるニュアンスには注意したい。例えば、オリンピックを妨害しようとして暴動が起きたという表現をしているマスコミもある。今回の事態は、どう見ても今までたまってきたチベット人民の怒りが、僧侶への弾圧などをきっかけにして爆発したというのが正しい。それともっと重要なことだが、チベットがなぜこういう事態になったのかという、歴史的な解説が日本のメディアには皆無。正しい歴史をふまえてなければ、日本のマスコミもまた正しく報道していないという言い方も、やはり当たっている。

一方、中国政府の秘密主義は、マスコミが報道しきれない大きな障害となっている。つい先頃も、日 本のTV局の報道チームが四川省から暴動の起きた地域の近くに入ろうとしたところ、道路封鎖を強いていた中国警察に一時拘束され入れなかったというニュー スがあった。

--------------------------------------------------------------------------

静止画像しか入ってこない状況で、あきらかに報道規制されているが、中国側が伝えるのは暴動を制止しようとした警察がチベット人に殺されたとか、殴られたといったニュースばかり。「警察」?

うそをつけ! 中国人民武装警察部隊(PAP)の実体は軍隊だ。

旧ソ連をはじめとする共産圏にあった内務軍と共通する、人民抑圧の国内用軍隊である。天安門前事件のときもこれが活躍した。

ではこの隠れ軍隊は今、チベット人に何をやっているのだろう。ネット社会ができたこの時代、報道規制をやってもそんなにうまくはいかない。

15Marとあるので騒乱が起き始めたころの映像だろうか。僧侶たちの怒りが集結している。

動乱の様子を伝えるBBCニュース。静止画が多い中で貴重だ。

すでに報道された画像やVのまとめ的な映像だが、これを見ればPAPが軍隊だということがよくわかる(注意:残虐映像あり)。

PAPは国家緊急事態にはさらに軍との境界線があいまいになる。今チベットで起きていることは、ただチベット民衆にとっての問題ではない。チベットを弾圧する軍は中国民衆をも弾圧する。そのような国家がすぐとなりにあることに、我々日本人も関心をもとうヨ。

「人民解放軍」? なんという矛盾した言葉だろう。あの日の天安門前、忘れてはいけない映像。

そして、チベット人権民主化センターは、とうとう中国四川省でのチベット人虐殺写真を公開した(注意:気の弱い人は見ない方がいいです。特に18日の記事)

Tibetan Centre for Human Rights and Democracy

この中でラストにある次の写真は、人民武装警察に射殺され路上に放置された犠牲者へ対し、投げ銭をして供養しているチベット人たちの様子。

Kirti07

中国当局の発表では、四川省での死者数はたしか8名だったと思うが...。
白々しい弁明は聞くに耐えない。事実は疑いようもない。(残虐な写真にリンクをはることもためらったが、自由のために犠牲となった僧侶たちの思いを考えて紹介した。合掌。)

しかし問題はこれからだ。鎖国と言ってもいい報道規制のもとで、これからもっと恐ろしいことが行われる。

チベット騒乱「24人逮捕、約170人出頭」当局発表 (asahi.com 2008年03月20日19時36分)

こうしたニュースに、先ほどの天安門前事件の映像を重ね合わせ、我々は自分の心の中で想像してみよう。逮捕された彼らは、これからどうなるのかを。

« ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 | トップページ | チベット問題を積極的には報道しないある新聞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/40572853

この記事へのトラックバック一覧です: 今チベットで行われていること:

« ついにミュージシャンも立ち上がった! ビョークの「チベット独立」発言 | トップページ | チベット問題を積極的には報道しないある新聞 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ