« 「民主書店」に行ってきますたw | トップページ | あきれるを通り越して恐ろしい!--韓国での聖火リレーで »

2008-04-27

日本の聖火は無事通過???

結局、日本での聖火リレーは、いくつか小競り合いはあったものの、予想どおり大きなトラブルはなく(あくまでヨーロッパに比べればの話)終わった。まあ別にもめごとを期待してたわけじゃないが。

それにしても異様な警備。上空から見た様子はもはや笑い話とするしかないか。

6cbdbe84ところで日本の警察はそのもめごとを恐れるあまり、ゴール地点にチベット国旗の持ち込みを禁止したらしい。

その結果ゴール付近は中国国旗であふれかえって異様だったそうな。

-

46ac95f9s_2逆にチベット支援側は、近くの公園から遠巻きにゴー ル風景を眺めるはめに....。

この行為にさっそく2ch あたりでは「ひどい!」「 違憲じゃないのか!」と話題になっている。

留学生たちの中国国旗は、ネットを通じて中国国内の団体から速達で送られてくるものらしい。中国政府は留学生らが自発的に集まっていると言うが、実際は国 家主導で組織されているナショナリズム扇動。こういうのを知ると、かつての反日、反米、そして今現在の反仏運動が、背後で中国国家によって支えられたもの だということが分かる。

アメリカでもこうした中国人留学生や華僑の運動があるということだが、実際こんなことを国家が扇動して何のツケも払わないですむのだろうか。ナショ ナリズムに走るのは、もはや社会主義の思想的大義だけで人民を統率できなくなった姿とも言える。おそらく国旗をふりかざす中国人以外に、もっと冷静に欧米 のメディアを通じてチベット情勢の真実を知る海外在住の中国人も増えていくはず。中国がグローバルな経済にコミットしていこうとするほどに、グローバルな 視野を中国人が持ち始めるだろう。世界経済の中で生き残っていこうとする中国国家は、その動きを止めることができない。これは今の中国が抱える基本的矛盾 である。私は天安門前事件の学生たちが居たことを忘れてはいけないと思うし、こういう光景を見てただ単に中国人全てがダメだとは思わないようにしたい。

-----------------------------------------------------------

今 日4月26日の赤旗の1面トップは、先日発表された「中国政府がダライ・ラマと話し合ってもよいと発表」とのニュースを(めずらしく)デカデカと載せてい る。あいかわらず「チベットは中国の一部であるという立場で」との表現がひっかかるし、ちょっと前に出した「書簡」が効果あったのだ〜みたいな書き方に なってるのが見てて辛い。でもまあもういいよ。僕ちゃんあきらめた。つーかこの「しんぶん」の話飽きてきた。

本心がどうであろうと、ほんとに中国政府側が話し合いを行うならいい方向だろう。ただしこの流れはどうみても、ヨーロッパをはじめとするこの間のチ ベット問題をめぐる世間の抗議が影響したのだと思う。追記すれば、このような態度に中国政府が出たとしても、今度はオリンピックが終わって、世界の人々の 中国への注目度が落ちたときに、中国内で何がおきるのか要注意である。何と言っても外面と内面が完全に分裂した国であるだけに....。

-----------------------------------------------------------

先日記事にした例の聖火リレー妨害のやらせ疑惑、 ネットではかなり話題になっていて各所の記事を読んでいると、どうもあの車いすのランナー自体がすでにやらせだという疑惑があるようだ。そういえば聖火に 火がともってないようにも見えるし、動画で見ると、青いジャージの聖火防護隊のにーちゃんはもともと居ないようだ。金晶さんというあの車いすの女性も、中 国に帰って英雄なみの大歓迎との話もあったが、そもそもパリの聖火ランナーになぜ中国の女性? 中国に帰って大歓迎って、仏在住の中国人ですらないわけで....。

もともとこの妨害行為のニュースは、「人民日報」が12日に発表した「身体障害者を襲撃することは『チベット独立』勢力の人権か」と題する短評に端を発したもので、中国国内のネットユーザがその奇妙さに気付いたことで話が拡がったという説もある(人民日報、身障者襲撃の行為を非難 )。 こんなのを読んでいると、中国が本物の聖火ランナーでもない車いすの女性をパリに連れて来て、チベット国旗を頭にまいたニセチベット人に襲わせ、それを中 国人カメラマンがカメラにとって流すという構図は十分考えられる。ちなみにアメリカ在住で、この時パリになんか行ってないあるチベット人が犯人の暴徒扱い されたという話もある。

彼らに大義なんか実際はないのだろう。海外の人間がどう思おうが関係なく、要するにこういうデマニュースを作ってまでして、中国国内の漢人の世論を 国家側に誘導できればそれでよいと。中国国家にとって真実かどうかはどーでもいいことなのだ。国をあげてそういう発想なのだから、一般の中国人らが食品や 生活用品で「売れればそれでよし。安全面なんかどーでもいい」という発想になるのも無理はないか。

この前の野村證券での中国人社員によるインサイダー取引事件も、「儲かりさえすれば他は何でもいい」という発想。

そういえば少し前にこんな事件も...。

米政府機関(空軍、海兵隊、連邦航空局など)に、中国製と見られるシスコ(CISCO)製品の偽物が多数納品され、ネットワーク障害や火災などの事故が起こっていた。FBIが捜査に乗り出している。

PC関係に詳しい方には説明不要だが、シスコというのはネットワーク関連機器のメーカーとしては老舗の有名企業。もはや食品どころか、世界中のいろんなレベルで中国製粗悪品が浸透していくのか。

私の職場では少し前にあった中国の工場経営者のネタが、昼休みの笑い話になっている。ある工場経営者が従業員に払う賃金を偽札で払おうと考えて、偽 札を作っている闇のルートに頼んだというのだ。ところが闇の偽札製造者が見た目ですぐバレるような「にせものの偽札」でごまかしたため、だまされた経営者 がこう叫んだという。

「ほんものの偽札をくれ!」

-----------------------------------------------------------

さて気分転換になるかもしれないこんなニュースもある。

オーストラリアはキャンベラで行なわれた聖火リレーの最中に、上空に「FREE TIBET」の飛行機雲があらわれた!!
(痛いニュース:2008年04月24日)

こんな素敵な抗議行動なら、きっと世界中から歓迎される。中国も文句は言えまいて。

さあ青空に叫ぼう! ふり〜ちべっと!!

208b8d7c


 

« 「民主書店」に行ってきますたw | トップページ | あきれるを通り越して恐ろしい!--韓国での聖火リレーで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/41004652

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の聖火は無事通過???:

« 「民主書店」に行ってきますたw | トップページ | あきれるを通り越して恐ろしい!--韓国での聖火リレーで »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ