« 住民自治会ってどーよ? | トップページ | 『学校選択制』の光と影 (1) 〜 枚方市立中をめぐるニュース »

2008-05-28

JRさんよ、警察よ、それはどうかと思うぜ!

あの時は確か昼食時間で、職場のみんなが食堂に集まったときだったな。

誰かがテレビをつけた。

「おいおい、何だよこれ。え、うそ、えらいことなってるじゃん!」

そこにあった映像に、全員が箸を止めてしばし釘付けになった。

マンションに激突して、平たくつぶれた2両目の列車。
その前にあるはずの1両目は.....。

2005年4月、尼崎JR脱線事故

あの時、宮崎哲弥が言っていたことを思い出した。

「JRは、警察が現場検証をする前に事故現場に来ている。安全を口実に現場を封鎖する。「調査」と称して何らかの行為をしている。これは犯人が現場に先んじて証拠隠滅をはかる行為ととられてもしかたない。非常に問題のある行為ではないのか!」

確かに何らかの保全行為をすることは、鉄道会社という性格上しかたのないことだろう。しかし、この宮崎哲弥の指摘がはずれているとも思わなかった。

あれから捜査も進まず、社長の首だけが替わり、納得のいく遺族への謝罪も保証も聞かれない。謝罪していないわけではないと言えばそうだが、遺族が納 得しない謝罪や保証などで終われるはずもない。いや思い出すもあの地獄絵。たとえ何年かかろうが、どう考えても簡単に収束できる話ではないだろう。

毎日使うJRの駅、たまには目に入る例の地味な謝罪文。最近「JR西日本の安全への取組み」を謳うパネル広告が妙に多い。

---------------------------------------------------------------------

しかし今日たまたまこんなニュースを目にした。

幹部の立件見送りか 尼崎JR脱線事故 

二 〇〇五年四月の尼崎JR脱線事故で、兵庫県警と検察当局は二十三日までに、業務上過失致死傷容疑での立件の対象について、具体的な協議に入ったもようだ。 宝塚線の現場カーブで過去に一度も脱線事故がなかったことや、兵庫県警による参考人聴取の結果、JR西幹部らの立件を見送る可能性も高まっている。  

現場カーブは一九九七年三月の東西線開通に合わせ、半径六百メートルから同三百メートルの急カーブに付け替えられた。その際、新型自動列車停止装置(ATS-P)が未整備だった。  

県 警は、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の最終報告書で「ATS-Pがあれば事故は防げたと推定される」と指摘したことを重視。昨年夏から参考人聴取を 本格化させ、幹部らの予見可能性を検討してきた。しかし、歴代経営陣を含む幹部らは「(死亡した)運転士があんな速度でカーブに入るとは思っていなかっ た」などと過失責任を否定したという。  

また、過去に他路線で起きた脱線事故やJR他社との安全対策を比較。現場カーブでは長期間、同じ条件で運行されてきたにもかかわらず 大事故がなく、ATS-P設置の義務づけもなかったため、役員らの立件は困難との見方が出ている。ただ、遺族や負傷者の感情も考慮し、さらに資料などの分 析を続け、立件の対象を判断するとみられる。

(神戸新聞:5/24 09:19)

幹部らの立件を見送る可能性も高まっている」って.....、

いや、それはどうかと思う!

今さら責任者を出せ!と声を上げたいとも思わないが、「立件見送り」って、そんなことはおかしいと思う。いったい何人の死傷者が出たと思ってるんだ! 「あの運転手がオカシイ奴だった」で話が終わったのでは、JRの思うツボ。責任者も運営上の責任内容もあいまいなままに、「安全への取組み」のパネルなんぞ見たくもないぞ!

ATS-P設置の義務づけがなかったなら、変えるべきは法規であって、法規の不備が責任回避の根拠にされるなんぞ、まさに本末転倒。同地点で過去他に事故がなかったことを根拠にするとは、こんな大事故を確率論の問題にしようというのか。これを原発事故に例えて言えば、大惨事になってもめったに起きる事故ではないから責任は問えないということか。こんな論理では「保全」という言葉の意味すら空虚である。

当事者でなくとも、こんな形で終わってほしいとは誰も思わないはず。今後どうなるのか。皆が関心の薄れたのを見計らって、静かに消えてもらうわけにはいかない。

---------------------------------------------------------------------

(追記)

その後つぎのようなニュースが (同じく神戸新聞:5/28 09:12)

「JR西幹部の立件を」脱線事故遺族らが県警に

遺族としては、あまりにも当然な意見だ。

« 住民自治会ってどーよ? | トップページ | 『学校選択制』の光と影 (1) 〜 枚方市立中をめぐるニュース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/41356158

この記事へのトラックバック一覧です: JRさんよ、警察よ、それはどうかと思うぜ!:

« 住民自治会ってどーよ? | トップページ | 『学校選択制』の光と影 (1) 〜 枚方市立中をめぐるニュース »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ