« MicrosoftのYahoo買収提案撤回、これって喜々的展開! | トップページ | 住民自治会ってどーよ? »

2008-05-16

こんな時に詐欺って...。中国四川省の大地震で

ミャンマーのサイクロン被災に続き、中国四川省の大地震のニュースが連日報道されている。被害の実態報告が毎日拡大している。今日のニュースではとうとう死者が5万人以上と推計された。確認された死者ですでに1万9500人を超えるらしい。

こんな時にあいもかわらず中国政府は、取材制限や人的援助の拒否をしているといううわさがある。つまり救援金だけでいいと。なんとかならんかの〜。 まあ実際はそんなこと言ってられんようで、日本の国際緊急援助隊も現地へ向かったそうな。阪神大震災を経験した日本人としては、けっして人ごとではないで すね。

ここ最近、政治的問題がいろいろあったミャンマーと中国で、このような自然災害が立て続けに起こったのはなぜだろう。どこか不思議な感じがするのは私だけだろうか。

四 川省と言えばチベット族も多く住む地域のはず。被災地では人民解放軍と武装警察部隊13万人が投入され、懸命の救出作業を行っているとか。この前までチ ベット人を弾圧していた軍や武装警察が人々の救助をしているというのは、何とも言えない展開。救助差別などされていなければいいがと気になる。こういう時 は我々も漢人とかチベット人とか言わずに、全ての被災者の救出を願わなければ。

阪神大震災で思い出したが、あのときたしか被災地で、1000円だか1500円だかの、やけにばか高いたこ焼を売っていた業者が居て、コテンパンに非難されていた。ニュースを見ているとやっぱりそういう悪質な人間がいるようだ。

四川大地震に便乗した振り込め詐欺が横行していることがわかり、中国公安省は15日までに、ウェブサイト上での注意喚起を始めた。
中国国営新華社通信などによると、地震発生後、家族を装って両親らに資金援助を求める携帯電話のショートメールが市民に届きはじめた。
「お父さん、お母さん、地震で何もかもなくなってしまった。今すぐにお金が必要です。友達の口座に送金して」「四川で地震があった。病院で治療を受けるので、急いで医療費を送って」といった文面とともに、口座番号が記載されている。
15日朝、記者の携帯電話に届いたものは、「お父さん、お金も持ち物も全部盗まれた。急いで1500元(約2万2500円)を甘宝玲の口座に送って。彼は私の友達で、この携帯電話も彼のもの。電話をするお金もありません」という内容だった。
イ ンターネット上には、公的機関を装って、「社会各界の人々から被災者の住宅再建のための基金を募る」などと義援金を募る違法サイトも現れた。公安省は、市 民の善意につけこんだ悪質な詐欺行為とみて、携帯メールやインターネット上の募金の呼び掛けなどを安易に信用しないよう、注意を促している。

こんな時に詐欺って...、ああ、人間って情けない。

なんだかな〜....

« MicrosoftのYahoo買収提案撤回、これって喜々的展開! | トップページ | 住民自治会ってどーよ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/41220991

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時に詐欺って...。中国四川省の大地震で:

« MicrosoftのYahoo買収提案撤回、これって喜々的展開! | トップページ | 住民自治会ってどーよ? »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ