« チベット史の捏造 | トップページ | 地域の○×研修会って要るのかよ? »

2008-06-29

気持ちはわかるけど...

読んだ時は笑ってしまったが、まじで施行するならあんまし笑えないんじゃないかな。

ルーマニアの上院議会は25日、国内のテレビ・ラジオ局に「明るい」ニュースと「暗い」ニュースを同じ割合で放送することを義務付ける法案を、全会一致で可決した。法案はトライアン・バセスク大統領の承認を受け施行される。

この法案は超党派の動きで、暗いニュースが国民の健康や生活に与える「取り返しのつかない影響」を憂えた与党・国民自由党(National Liberal Party)と野党・大ルーマニア党(Great Romania Party)の2人の上院議員が提出した。

法案の目的は「社会全体の雰囲気を向上させ、日常生活において、精神的・感情的にバランスのとれたものの見方をする機会を国民に提供する」ことだという。

ニュースの「明るい」「暗い」の判断は、国の視聴覚委員会に委ねられる。1989年の共産党政権崩壊までメディアが厳しく規制されていたルーマニアで、ジャーナリストたちはこの法案の施行を望んでいないが、委員会そのものの反応も消極的だ。

通信社メディアファクス(Mediafax)によれば、視聴覚委員会のRasvan Popescu委員長は「ニュースはニュース。明るいも暗いもなく、単純に現実を伝えているだけだ。このような定量的な基準がうまく働くとは思えない。世 の中のできごとや人の心は、計画できるものではない」と語った。(c)AFP

日本でこれやったら、報道するものが無くなっちゃったりして...。いやそれより明るいニュースが捏造されるのかな? 例えばどっかの子猫の救出劇とかネw

まあ確かに毎日毎日どこかで起きる殺人事件。最近は家族殺も増えてきている。明るいニュースが増えて欲しいという気持ちはわかるが...。暗い社会の原因を変えるより先にニュースだけ明るくしてもね〜。

ルーマニアだって日本とそんなに社会情勢は変わらないはずだし、だからこそこんな面白い法案が出てきたわけで。だったらやっぱり半分もないでしょ! 明るいニュース!! どーするんでしょうね?

当の委員会が"消極的"なんだったらこんな法案やめりゃいいのに、まじめに討議されて可決されるあたりが、国家の言論統制に馴れきっていた時代をくぐった元共産主義国の習性でしょうか?

« チベット史の捏造 | トップページ | 地域の○×研修会って要るのかよ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/41681569

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちはわかるけど...:

« チベット史の捏造 | トップページ | 地域の○×研修会って要るのかよ? »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ