« 地域の○×研修会って要るのかよ? | トップページ | スパムブログというなぞの存在 »

2008-07-06

ガソリン高杉!

うちは僕が電車通勤、嫁が近くの職場へ車通勤の、どこか変則共働き。だから車のキーはいつも嫁が握っている。休みの日に近所まで、ちょっと一人で買いものでもと思って、嫁に「車のキー貸してくれ」と頼んだら、「ガソリン高いからダメ。自転車で行きなさい」ときた。きた、キタ、キタ━(゚∀゚)━ !!

とうとう180円になろうかというガソリン。税の上乗せが無くなって安くなったあの一瞬は何だったのだろう。ガソリンと平行して、生活品も軒並値上げラッシュ。「物価の優等生」と言われた卵まで、ついに値上げ。

主な原因はにわとりの餌代の高騰と、パッケージの値上げ。配合飼料のうち5〜6割を占める輸入トウモロコシの価格が高いのは、御存じバイオ燃料がらみ。おまけにパッケージの値段があがるとなると、全てに石油がからんでるじゃん。

そもそも何で石油価格が上がるのか?

そこは世界の投機市場が関係してるとは、始終ニュースで言ってるものの、どう関係するのか、僕達素人にはさっぱり。そこで素人なりに少しは、この経 済・金融のことを調べてみようと思い立った。幸いこの分野はマネーというこれ以上ない現実的分野なので、探せばいろいろと一般向けのいい本やサイトがある ようだ。

ただ、この世界、本当に分かろうと思ったら「金融工学」という、これまた僕には苦手の数学がらみな専門分野が噛んでくる。「金融工学35才限界 説」というのがあるそうで、頭の若いうちにやらないと、からきし歯がたたないらしい。いきなりそんなことを知ってしまって、出鼻からくじかれたが、ここは日 経新聞やそれ系のサイトの記事が少しでも分かるようになればなーという程度で、ダラダラ勉強中。まあどうせ素人なんで、こういう形の記事もありかなと。

まずはとりあえずこの、今一番国民的問題の石油投機市場のことから入ろう。

考えてみれば90年代にはリッター100円を切ってた時代もあったような。こんだけ値上がりすれば、昔の漫才師じゃないが、

「責任者出てこ〜い!!」

と怒鳴りたくもなる。ただこの「責任者」とはどこの誰なのか? これが以外と難しい。石油価格高騰の原因と対策といっても、実は専門家たちも頭を抱えて「わからなーい」という始末。どうも古い日本人は、石油と聞けば「石油ショック」を思い浮かべるようだが、今どきOPECだとかメジャーが悪いなんて思ってる人は、あの石油ショックの時のインパクトが強過ぎたか、「ジャイアンツ」あたりの映画の見過ぎ。

ちょこっと本から受け売りの印象で結論から言うと、この石油値上げの、 

責任者は居ない。あるいは目に見えない。

国際金融の世界は、それはそれはナンギな話みたいやで〜。フゥ〜

(つづく...)

 

« 地域の○×研修会って要るのかよ? | トップページ | スパムブログというなぞの存在 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/41746611

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン高杉!:

« 地域の○×研修会って要るのかよ? | トップページ | スパムブログというなぞの存在 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ