« YouTubeで見る中国の環境汚染 | トップページ | 金賢姫元死刑囚「謀略説に苦悩」の書簡 »

2008-11-28

「お父さん、もう辞めてもいいよ」

朝出かけるのが早いので、新聞は帰ってから読むことが多い。7時にはもう電車の中なので、7時半や8時に届く「赤旗」を朝読むのは無理。まあうちの地域の配達は、そんなに遅くはないですが。8時に届く朝刊?「赤旗」の話は、昨日読んだ筆坂さんの本「悩める日本共産党員のための人生相談」に書いてあった話だ。

で、今日も夜家に帰って食事しながらTVで大好きな映画オーメンのリメイク版なんぞ見ていたが、何気なく手に取った産経新聞の文化欄の特集「人、瞬間(ひととき)」にどっかで見た顔。他でもない筆坂秀世氏が写っている。タイトルは、

「お父さん、もう辞めてもいいよ」

例の「セクハラ事件」で共産党の役職を罷免された当時の裏話であった。

「事件」の公表前日から、長女夫妻に手伝ってもらい、議員宿舎からの引越し準備を始めた。川越の家に「夜逃げをするように引越し、党の命令を守って表札を出さないまましばらく息をひそめて」暮らしていたとある。

結局、国会議員の立場で記者会見もせず逃げ隠れしていることが我慢できず、記者会見を開きたいと市田書記局長や浜野副委員長に電話で申し入れたが、聞いてもらえなかった。ある日浜野氏が記者会見するのを止めさせようと自宅に来た。筆坂氏本人はしかたなく説得されたが、となりで聞いていた奥さんがこう言ったとか。

私は党員として40年近く、赤旗を拡大し、党員を増やし、さまざまな選挙の手伝いもしてきました。でも、これから『筆坂の妻でございます』と活動ができると思いますか。夫に弁明の機会を与えて下さい。

浜野氏は土下座せんばかりに謝ったが事態は変わらなかった。

党員でもない最初から共産党嫌いの人には理解できないだろうが、党員というものは上から批判されてもそれをすぐ怒りや党批判に転回することなどできない。自分が信頼してきた組織がこんなものだったのかという決定的な瞬間が身にふりかかるまで、党への帰属心や信頼を捨て切れないものだ。筆坂氏もやはり「それでも、まだ自分は党に必要な人間だ」と思って、政策委員会の職員として党本部に通うことになったのだそうだ。

そんなある日、志位委員長に呼ばれた。「筆ちゃん、つらかったろう」と志位氏も涙ぐんだと言うが、結局罷免命令が下された。

警告(のはずだった処分)を罷免に変えられるのは不破哲三さんだけです。志位さんがそれに従ったにすぎないことは私にはよく分かっていました

委員長だろうが何だろうが、上意下達しかない組織。心の中で「これは何かおかしいぞ」「いくら何でもそれは...」とチラッとでも思ったところで、口にする人も少ない。萩原遼氏が赤旗記者を首になった時の話も、たしかそんな一方的な顛末だった。こんな時、一般企業でも「社長あんたはそれでも人間か!!」てなドラマもたまには聞くもんだが、そんなやりとり一つ無い代々木のビルの内側の住人は、個性のかけらもやがて消えていくんだろう。思い出せば、この前亡くなった上田耕一郎氏も、あれだけ個性的でありながら結局は組織に埋没していった。

筆坂さんはその後、仕事がいっさい与えられず、「毎日午前10時ごろ顔を出し、昼食をとったら代々木公園を散歩して、午後4時には帰る」という生活を2年近く(!)続けたという。「精神的にボロボロになった」そうだ。

お父さん、もういいよ。辞めていいよ

そんな奥さんの一言が離党のきっかけだったとか。

ほとんど大企業でよくある中高年のリストラの話と一緒である。こんな組織が「労働者の権利」とか「生き生きと働ける職場を」とか、よく言ったもんだ。「民主」集中制とはよく言ったもんだ。

それにしても記事に載ってる笑った写真、筆坂氏の表情は明るいものである。

« YouTubeで見る中国の環境汚染 | トップページ | 金賢姫元死刑囚「謀略説に苦悩」の書簡 »

コメント

党内結束=党内分裂を図る不破哲三は、不和哲三に改名せよ。ダジャレは脳の活性化にいいよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/43248785

この記事へのトラックバック一覧です: 「お父さん、もう辞めてもいいよ」:

« YouTubeで見る中国の環境汚染 | トップページ | 金賢姫元死刑囚「謀略説に苦悩」の書簡 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ