« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009-04-27

『電波利権』池田信夫(著)

41q8bnzbdnl_sl500_aa240_誰もが知るように日本のTVは新聞社と系列企業になっているが、 著者によれば、これは日本に特徴的な構造らしい。ただ系列企業だとは言え、ネットの影響もあっ て新聞の方は瀕死の状態にある。一方新聞に比べ、広告収入が減ったとは言えTV業界はあいかわらず何とかなってる感がある。その格差とねじれからか、フジTVと産経新聞が 離れつつあるといった現象も 出始めているが。

TV番組で最近よく見る、番組制作の経費削減でTV局も貧乏だとか、キー局の廊下の電気がついていないので暗いとかいったネタも、この不況 のさなかに自分達も例外では無いと言っておきたいTV局の言い訳だろうか。しかし比較の問題で言えば、TV局の正社員の給与は他業種に比べてまだまだ高 く、TV業界はまだまだ生き残ろうと内部留保wを貯めている。

続きを読む "『電波利権』池田信夫(著)" »

2009-04-26

『カラマーゾフの兄弟—まんがで読破』

51qs4zlofkl_sl500_aa240_有名な「大審問官」の章も省略。昔読んだ時に「大審問官」以上に戦慄した、例の殺人者が坊さんに懺悔する話も無しときた。酷いというほどのあらすじ展開だが、若者の活字離れが激しい昨今、こういう企画もどしどしあっていいのではないかと思う。2〜3時間もあれば読めるカラマーゾフ。中2の息子にもさっそくおすすめ、即読了w

思想小説の深みを完全に取りさって、みごとに三流サスペンスドラマ化した分、おそろしく読みやすい。「オレはカラマーゾフを4回以上読んだ」とどこかで村上春樹が書いていたっけ。世間に数多居る村上春樹ファンのあなた。春樹の文体なら読めるけど、この元死刑囚の大小説家の文はちょっと〜と引いていたなら、このマンガから入門しましょうw

入口は何でもいいわけで、これをきっかけにドストエフスキーファンの深みにはまって、ドッペルゲンガーでも見えてきたら本物です。

この本を出しているイースト・プレスという会社は、けっこう変なものまでマンガ化していて面白い。昨年は「蟹工船」ブームに便乗したらしいが、見ればダンテやマキアベッリやキェルケゴールにニーチェやマルクスまである。「資本論」をマンガってどーゆーこと? と読めば、「金が何でできているか知ってるか?」だそうである。銭ゲバかよ!

只今、漫画化してもらいたい名作を募集中。「漫画化してもらいたい名作はなんですか?」だそうである。僕の依頼したいのは、さしずめフォークナーの『アブサロム、アブサロム!』でしょうか。ストーリーのドロドロ度数かなり高いです。売れなさそーだけど...。

2009-04-25

『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎

41xusgyxntl_sl500_aa240_ この本、細かい点でいくつか異論はあるし、760円出して買う必要があるかと言えば、ネットで書いてくれればよさそうな内容なので微妙。ただ、 ネットの先進性をやたらと持ち上げる梅田望夫氏などの著作に比べれば、私が感じるネットの世界の実感は中川氏のこの本のほうに近い。

続きを読む "『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎" »

『蟹工船』...浅川監督なんていないんじゃないか?

いまさら「蟹工船ブーム」と言っても、もうずいぶん過ぎ去った感がある。私はと言えば、もちろん若い頃に読んでいる。元共産党員だもの、本棚さがせば多喜二の数冊ぐらいあるさ(ただし中野重治もあるわけだがw)。嫁の本棚には宮本百合子も並んでいる(嫁はかつて百合子本にはまったが、今はつまらないと思うらしい)。

昨年は、まあブームだという話だったし、いまさら感満杯だったが、去年の秋頃本棚の多喜二のホコリを払って読んでみた。そしていまごろこんな文章を書いている。

多喜二没後75周年にあたる昨年は、新潮文庫『蟹工船・党生活者』が異例の大ヒット。40万部も売れて、今も多少は余韻が続いているという。この売れ方は例年の100倍だったというからたしかにすごい。

続きを読む "『蟹工船』...浅川監督なんていないんじゃないか?" »

2009-04-12

NHKは何がしたいの?

NHKスペシャルについて書いた先日の記事、戦時下の日本の台湾統治についての番組だったけれど、ネットでこの放送への批判がかなり起きている。これだけ批判があっても、NHKは当然のように無視している様子、民放でもこのことについて話題にした番組は、(私の知るかぎり)皆無。インターネットでの世論と、TV等の旧型マスコミの違いが今回も歴然としたと思えた。

続きを読む "NHKは何がしたいの?" »

2009-04-08

日本共産党「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議」に反対!

ミズホたんがアンポンタンな発言して笑われていた頃、志位タンは、もうすぐミサイルが発射されるというのに、まだ「話合いの努力をせよ」と呑気なことを言っていた。まあそんなだから、きっとこう来るだろうなとは予測していたものの...。

こんなにはっきり態度にだされちゃうと、どうもね〜。選挙のウワサも近いですが、国民の目にどう映るのやら?

以前、国会前で座り込みアピールしていた拉致被害者家族の前を、日本共産党の議員団が顔をうつむかせて通りすぎたそうな。今日のニュースを聞いてそんな前に聞いた話をまた思い出した。

覚えておこう。

2009年4月7日、日本共産党は北朝鮮のミサイル発射を非難する決議に反対したそうだ。ミズホたんとこも棄権って...それはどうかと思う...。

続きを読む "日本共産党「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議」に反対!" »

2009-04-05

日本の台湾統治について(NHKスペシャルから)

今日放送されたNHKスペシャル「シリーズJapanデビュー」。このタイトル何とかならんのか? と思ったり...。

続きを読む "日本の台湾統治について(NHKスペシャルから)" »

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ