« 『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎 | トップページ | 『電波利権』池田信夫(著) »

2009-04-26

『カラマーゾフの兄弟—まんがで読破』

51qs4zlofkl_sl500_aa240_有名な「大審問官」の章も省略。昔読んだ時に「大審問官」以上に戦慄した、例の殺人者が坊さんに懺悔する話も無しときた。酷いというほどのあらすじ展開だが、若者の活字離れが激しい昨今、こういう企画もどしどしあっていいのではないかと思う。2〜3時間もあれば読めるカラマーゾフ。中2の息子にもさっそくおすすめ、即読了w

思想小説の深みを完全に取りさって、みごとに三流サスペンスドラマ化した分、おそろしく読みやすい。「オレはカラマーゾフを4回以上読んだ」とどこかで村上春樹が書いていたっけ。世間に数多居る村上春樹ファンのあなた。春樹の文体なら読めるけど、この元死刑囚の大小説家の文はちょっと〜と引いていたなら、このマンガから入門しましょうw

入口は何でもいいわけで、これをきっかけにドストエフスキーファンの深みにはまって、ドッペルゲンガーでも見えてきたら本物です。

この本を出しているイースト・プレスという会社は、けっこう変なものまでマンガ化していて面白い。昨年は「蟹工船」ブームに便乗したらしいが、見ればダンテやマキアベッリやキェルケゴールにニーチェやマルクスまである。「資本論」をマンガってどーゆーこと? と読めば、「金が何でできているか知ってるか?」だそうである。銭ゲバかよ!

只今、漫画化してもらいたい名作を募集中。「漫画化してもらいたい名作はなんですか?」だそうである。僕の依頼したいのは、さしずめフォークナーの『アブサロム、アブサロム!』でしょうか。ストーリーのドロドロ度数かなり高いです。売れなさそーだけど...。

« 『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎 | トップページ | 『電波利権』池田信夫(著) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/44797503

この記事へのトラックバック一覧です: 『カラマーゾフの兄弟—まんがで読破』:

« 『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎 | トップページ | 『電波利権』池田信夫(著) »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ