« 自分の考えかどうかは透けて見えちゃいますw | トップページ | 実は、ず〜〜〜っとおんなじことを言っているw »

2009-05-10

またいつものことが繰り返されているの?

北朝鮮のロケット騒動での日本共産党の態度を見ていて、ふと昔のことを思い出した。

かつてソ連東欧共産圏の崩壊に直面した頃、共産党は以前はそれなりに評価していたそれらの共産国と無関係であるかのように、コ ロっと態度豹変させた。しかもその豹変を豹変では無いと強弁した。もともと奴等とは断絶していた。思想的にも別物だ。だから関係ねーと、実際には80年代 前半「赤旗祭り」などで宮本顕治は、ルーマニアの社会主義をとても評価していた。ところが、チャウシェスク政権崩壊後、手のひらを返したようなチャウ シェスク独裁批判を始める。

そもそも共産党の諸外国政府に対する評価とは、その程度のものなのだ。ここにずっと繰り返されてきた一つのパターンを感じるのである。

今回は国会決議前に北朝鮮を評価していたわけではもちろん無い。てか、そんなことしたら日本から追い出されるw まあいいとこ判断を慎重にしたといったところか。だが今後の国際政治の展開で、共産党が2006年のような(それがある程度表面的な態度にせよ)北朝鮮批 判をせざる得なくなった場合、国民の目にどう映るだろうか? 意地悪目に見ていない人でも、急に世論に迎合した。だからあの北への批判は本物ではない、そう聞こえるのではないか。

周囲から非難されているヤツが居て、そいつが何も問題起こしていないうちは、「おい、そんなに皆でいじめてやるなよ!まだこいつが犯人かどうか分か らないだろ!」と言っておいて、そいつが実は皆から嫌われて当然なトンデモ野郎だと分かると、手の平を返して、「だから僕は前から言ってきたんですよ!コ イツが犯人です」と、そのトンデモ野郎を指さす。共産党がそういう人間に見えないことを祈るしかない。

しかし祈ったところでムダかもしんない。今までもず〜〜〜っとこんなことの繰り返しだったのである。

つづく,,,

« 自分の考えかどうかは透けて見えちゃいますw | トップページ | 実は、ず〜〜〜っとおんなじことを言っているw »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/44968651

この記事へのトラックバック一覧です: またいつものことが繰り返されているの?:

« 自分の考えかどうかは透けて見えちゃいますw | トップページ | 実は、ず〜〜〜っとおんなじことを言っているw »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ