« 千葉市長選:告示5日前になって共産党が独自候補擁立 | トップページ | 天安門事件から20年 »

2009-06-02

こんな「教育的配慮」があっていいものか! -京都教育大で集団準強姦事件-

内容を聞く限り明らかに犯罪なわけで、「大学は捜査機関ではないので」と言うのなら、被害者から相談があった初期段階で、なぜもっと早く警察に届け出なかったのか? 被害を受けた女子学生は、3月3日に教員に相談しているのだから、3ヶ月近く大学側は黙っていたことになる。

「学内の調査では公然わいせつと認識していた」と言うが、公には報道できないだけで、"公然わいせつ"という名で済むレベルの内容ではなさそうだ。大学側が3月6日に作った調査委員会の名称も「ハラスメント防止委員会」である。事件の重大さと大学側の意識のズレを感じてしまう。

Crm0906012231040n1 もちろん加害者が最大悪なのは言うまでもないが、スポーツ選手としても有名だったらしい彼らを、大学側が庇う気持ちが皆無だったかどうか?

ニュースを聞いててつい、映画「告発の行方」を思い出したのだが、こういう問題は被害者からすすんで訴え出ることがそもそも難しいだろう。3ヶ月もたってから「同意があったのか、無理矢理だったのか、細かいところは判断 できない」とか、「警察に告訴するかどうかを考えてください」などと被害者と家族に話すその大学側の姿勢が、被害者に懐疑的・圧力的に映らなかったかどうか疑問。

それを「教育的配慮」と言い切る「教育」大学の姿勢がまわりに理解してもらえるはずもない。知ってらと言われそうだがこれは国立の教育大学の話だぜ。こんな学生が教員になっていくってか! いったい何を教育してんだ?

男子学生6人の逮捕を受け、京都教育大学の寺田光世学長(67)らが1日、学内で記者会見。寺田学長は「教育が至らな かった」として謝罪する一方、事件について「学内の調査では公然わいせつと認識していた」と述べたほか、処分後も公表しなかったことについて「教育的配慮 を優先し、正確な情報を得てから公表すべきと判断した。間違った対応はしていない」と正当性を主張するなど、事件の重大性とのズレを露呈した。

 同大学によると、被害を受けた女子学生は、今年3月3日に教員に相談。大学側は同6日に「ハラスメント防止委員会」を設立し、教員らが、被害学生や逮捕された6人などに対して聞き取り調査を行った。

  ところが、大学側は24日、被害学生の保護者に対し「公共の場所で性的なことをした公然わいせつは6人とも認めたが、同意があったのか、無理矢理だったの か、細かいところは判断できない」とし、「警察に告訴するかどうかを考えてください」と話したという。その後、31日付で6人を無期限停学処分とした。

 会見で寺田学長は「大学は捜査機関ではないので、細かい事実を追及するのには限界があった。(大学として)警察に早期に相談しなかったのは、内密に事実確認を行うことを優先したため」と釈明した。

 学内ではこの事件についてすでにうわさになっていたという。体育会クラブ所属4年の男子学生(21)は「事件のことは聞いていたし、公表しなかったのはおかしい。新学期になって顧問から、コンパでは飲酒を控えろと言われた」と話した。

« 千葉市長選:告示5日前になって共産党が独自候補擁立 | トップページ | 天安門事件から20年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/45208115

この記事へのトラックバック一覧です: こんな「教育的配慮」があっていいものか! -京都教育大で集団準強姦事件-:

« 千葉市長選:告示5日前になって共産党が独自候補擁立 | トップページ | 天安門事件から20年 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ