« NHKスペシャル『激流中国 病人大行列 〜13億人の医療〜』 | トップページ | 変わり果てた後輩の姿に... »

2009-07-19

にわか日蝕ファン

息子の理科の勉強に、を口実に、嫁がめずらしく科学雑誌を買ってきた。付録に付いている7月22日の皆既日蝕見学地図が欲しかったらしい。こないだまで、にわかマイケル・ジャクソンファンだったのに、すでに、にわか日蝕ファンになっている。

46年ぶりの皆既日蝕が近づいている。不況の中で、日蝕もこの際商売に使えるとばかり、少し前に仕事でそれ系の雑誌のデータを作った。

日本の本土で見られるのは珍しいとかだが、日蝕は世界のあちこちで時おり起きているそうだ。聞けば「日蝕ハンター」というのが居て、日蝕見たさに、どでかいカメラとレンズを抱えて世界中を駆け回っているとか。

嫁の買ってきた「全国日食地図」によれば、北海道でも半分ぐらいまでお隠れになるらしい。しかし皆既日蝕でないと気がすまない人のために、日本で一番きれいに見えるところではこんな委員会もできているとか。

7月22日には、「本村全域で観測される「皆既日食」のライブ映像がインターネットで閲覧できます」だそうなので、インターネットですませばいいやって方には便利かもw(要 Media Player9)

------

Wikipedia 日蝕(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%A3%9F) を読むと、直近の日本で見られた日蝕は、 88年3月に小笠原近海で見られたもの、日本周辺では20世紀最後というものだったとか。ただ本土でも見れたのはいつかと言えば、やはり46年前の1963年になるらしい。

1963年7月21日 日本で観測できた20世紀最後の皆既日食。早朝、北海道の富良野から知床半島にかけて観測された。網走では、35秒間の皆既日食が見られた。

7月21日 - 皆既日食が北海道~ベーリング海までの地域で観測される。大雪山付近で始まり、網走、知床半島を通過。千島列島、カムチャッカ半島を通りベーリング海まで観測された。

ずいぶん北で見れたのネ。息子にはこの情報を話して、日蝕というのは一生に何回も見れるものじゃないから、この機会を大事にしろと言ってある。学校ではきっと観察するんだろう。

46年前の日蝕、僕は当然まだ小さい子供だった。しかしなぜかよく憶えているのである。先生と友達たちと外へ出て、持ってきた黒い下敷で観察した。実は黒がなくて、色付きのほうがよく見えるだろうと、青い下敷を持っていった。そんなことまで憶えている。今と違って雑誌やTVでたいして言わないし、グッズのようなものも無かった。太陽を直接見るなと言われていたものの、まわりの注意もおおざっぱだった。だから青い下敷でも怒られなかったし、静かに観察できた。たしかに不思議な現象だった。

今は人が騒ぎ過ぎる。YoutubeをUPしといて何だが「ネットでも見れる」では神秘性も半減か。

------

日蝕と言えば、ギリシャの哲学者ターレスが最初に出現時を予言した人として有名(紀元前585年の日蝕を予言など数説あり)。以下タレスと皆既日蝕については、WIRED VISIONの記事 「26世紀前の皆既日食」に依拠。ただしこの話は雑談的なギリシャ哲学や数学の入門書には、よく出てくるターレスネタの定番(例えば矢野健太郎「数学をきずいた人々」(講談社現代新書)のターレスの項目P19など)

昔は日蝕の予測はたいへん難しく、古代中国の占星術師は、紀元前22世紀または23世紀の日蝕の予測に失敗し首をはねられてしまったとか。伝説によれば、リディアとメディアの両王国が戦争していた最中に、ターレスの予言どおり日蝕が起き、「これは神の怒りじゃ〜!」と恐れ慄いた人々は戦争を止めたとか。今もこの程度で戦争止めてくれればいいのにネ。

日蝕の予測は月蝕に比べて精度の高い数値計算が必要らしい。1時間以上続くことが多い皆既月蝕に比べ、月が地球に落とす 狭い影によってできる日蝕では持続時間は最長でもわずか7分半程度。月の軌道を詳細に、角度にして1度よりもは るかに小さな範囲まで知っておく必要があるので、日蝕予測は月蝕予測より高度な技術の裏付けが必要。だからターレスという人はすごいのであーる。(WIREDの記事によれば、北海道大学情報基盤センターの日蝕情報データベースのサイトにある、『日食図・日食計算プログラム』では、タレスが予測した日蝕について計算することができる。将来の日蝕予想も出来ている現代の科学によって、ターレスの伝説が単なる作り話ではなかったことが証明されたというのが面白い)

まあウンチクを書いても底が浅いのでここまで。ちなみに今の僕は、Eclipseと聞けば統合開発環境のあれがまず思い浮かぶ。ロック少年の頃ならまずは、Pink Floyd-Brain Damage/Eclipse でしょう。

22日は仕事の真最中だな〜。ちょっとさぼって屋上行ってくっか!!

Solar Eclipse 2009 Tell us what you know bout this INCREDIBLE PHENOMENA, ending of the earth!!??

エジプト皆既日食2006年

« NHKスペシャル『激流中国 病人大行列 〜13億人の医療〜』 | トップページ | 変わり果てた後輩の姿に... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/45678186

この記事へのトラックバック一覧です: にわか日蝕ファン:

» テント暮らし皆既日食ツアー 34万円也 [たなぼた]
いよいよ明後日に迫った皆既日食。 盛り上がってきたね。 日本では46年ぶりという [続きを読む]

« NHKスペシャル『激流中国 病人大行列 〜13億人の医療〜』 | トップページ | 変わり果てた後輩の姿に... »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ