« とりあえず払ってもらうの受信料 | トップページ | 東京都のHP »

2010-09-11

郵便不正事件の報道が、いろんな意味でよう分からん??

偽の障害者団体に郵便料金割引制度の適用を認める偽証明書を作成した罪に問われた、厚労省の村木厚子元局長に対する判決が10日午後大阪地裁であり、TVなどで村木さん無罪の報道がさかんに流されています。村木さんの無罪と検察のずさんな捜査は事実でしょう。いまだ「自白偏重」の旧い警察・検察官僚体質が続いていることに驚くのですが......。

報道は、検察のこの悪体質問題に一気にドドーッと流れているようで、一方で村木さんはりっぱな方だ、よく我慢してこの裁判を闘い抜いた、今はキャリア官僚は叩かれる時代だが、官僚にもこんなに真面目な人がいるんだから、政治はこういう公務員の能力をもっと活かせ、などなど....。その流れに乗ってブログなどでも検察バッシングな記事がたくさん書かれているようです.....。

Murakisan

たしかにメディアの言ってること自体は間違ってはいないけれど、ちょっと振り返ってみればあの事件が起きた時、「バリバリの女性キャリア官僚の犯罪!」「官僚と疑惑団体との癒着・依存構造!」なんて記事で、村木さんの厚労関係委員会での答弁映像(当然表情も暗いので悪人に見える)をガンガン流していたのは、同じメディアではなかったかと思ってしまいます。この事件の取り上げ方がどうも変だと慎重論を出していたのは、一部の人たちだけではなかったかと。 今回の報道の仕方は、事件発覚当初の流れと完全に逆向き。村木氏リッパ、検察ダメダメばかり。本質的なことがほとんど語られないのは、メディアが報道のあり方を反省してると思えない。

いや問題はメディアだけじゃないです。この作られたストーリーに乗った報道で、国会委員会での村木氏追求映像、これまたガンガン登場するのは共産党の(この前落ちた)小池晃だったりするわけですが、検察サイド的な追求を当時続けた政党は、今回の判決をどう受け止める気でしょうね? 例えば2009年の「あかはた」の記事なんて、この事件を郵政民営化反対の口実として利用はしているが、事件そのものへの事実取材なんて独自なものは何もなく、検察や他のメディアの偏った報道に乗っかっているだけではないでしょうか?

今回もこれらの議員や政党までが、メディアと同じで検察批判だけ繰り返すなら笑ってしまう。逆に言えば、検察が暴走できる背景に、こういう報道や一部の政治がつくる狭い意味での「世論」が無いとは言いきれないんじゃないかと。

検察がこの事件で疑惑団体と厚労省との口利きパイプ役になったとする、民主党の石井一議員がまたこれ少々悪人面(失礼w)なもんだから、よけいに初動報道が真実っぽく演出されたりしてどうだったんでしょうか。事件とは関係ないですが、一頃は地方選挙で「民主党に投票しない人には....!!」なんて暴言吐いてバッシングされた石井議員でしたが、元々小沢一郎の側近だったとは言え、新進党解党時から小沢と距離を置いていったそうで、菅直人支持派としての石井議員の最近の小沢批判はわりとマトモと受け取ってます。人間は多面的に見るべきかと(いえ私自身はちーとも菅支持じゃ無いですがw)。それにしても、今回見えた問題の中でも、特にこの石井議員への検察の裏付け取材の杜撰さは最もひどいものにも見えますが。

しかし、正直判決がどれほど正しくて、検察がどれほど間違っていたかには、個人的にはさほどの興味も沸かないのでした。自称障害者団体「凜(りん)の会」なるものが存在したことは事実だったし、村木氏の部下だった元係長の上村勉被告(41)が単独でやったにしろ、郵便料金割引を認める偽証明書を作成したことも事実。不正事件が無かったわけじゃない。

それと事件とは関係ないですが、批判覚悟で言うと(!)、村木さんりっぱと言うけれど、キャリア官僚で、ご主人もアメリカ出張なんてしていたり、さぞ収入はかなりあるご家庭だろうことは誰しも想像つきます(どうも同じ厚労省の幹部職員らしい)。これがもっと末端の公務員であったり、一般の会社員が巻き込まれた事件だったらこんなに粘り強く継続闘争できるんだろうか? 検察はもちろん裁判官の差別観とか報道のそれとかもあるわけで、そもそも報道もされず、世に知られない不当な判決例は様々噂にのりますが、そこんとこどうでしょうね。

--------------------------------------------------

で、ニュース見てて、やっぱり何だか分からないんですよ、今回の判決報道。

一番分からないのは、上村勉被告が単独で偽証明書を発行できてしまうそのシステムです。言い換えれば犯行が上村被告の単独判断であって、村木さんは関係なかったからよけいに問題は深いのではないでしょうか。

障害者団体と名乗るその団体が、本当に社会的に公正な活動をしているのか? 本当に障害者の便宜をはかる団体なのか? それを判断する基準やプロセスが厚労相の中でどうなっているのか? などなど....、考え出したら分からないことだらけ。そこをTVも新聞もまともに触れようとしない。そしてこの問題は触れればいいという問題ですら無い。

上村被告の単独判断ができるような杜撰で恣意的なシステムだったら、石井議員には問題は無かったにしろ議員の口添えで不正に利権を得るなんて簡単に通ってしまう。こんなシステムはきっと厚労相に限らずどの省庁にもあって、自民党時代から今まで影でいろんな形で行われてきたに決まってるのだろう。我々の税金がここで不当な使われ方をしているということ、今回の裁判の話など氷山のほんのひとかけらにすぎないだろうこと。

それに、この「利権」というもの、一言で「利権」と言うけれど、「口利き」とか「ワイロ」とかいうイメージが絡むから全てが悪に見えてしまう。何が不正な「利権」かを誰がどこで判断するのかがわからないし、そこの決定システムの不透明さにも政治不信を感じてしまうのです。これって精神障害者関連の犯罪ではよく聞かれるジレンマ。例えば今回の事件を事の「本質」で追求し、審査制度を厳しくした結果が、本来支えられるべきマトモな障害者団体が支援を得られなくなるなんてことだってあり得る。

世の中のためになる良い事するにも、悪い事するのと同じように、いやむしろもっとたくさんのお金がいるってことを、わすれちゃいけないと思います。報道って、そういう視点も頭に置いてしてほしいと思うけど、今回何だかみーんな検察批判で右倣えで、分からんことばかりです。

« とりあえず払ってもらうの受信料 | トップページ | 東京都のHP »

コメント

最近上記記事の「2009年の「あかはた」の記事」リンク先が、シラ~っと削除されていることに気づいた。
2009年の記事は古いから削除されたわけでは無いことは、リンク先アドレスの最後のファイル名部分「2009060815_01_1.html」を消してアクセスすると、ちゃんと2009年6月8日の記事が出てくるのですぐ分かる。
村木さんの名誉の為に消したというならメディアの姿勢としてオカシイ。自分たちが書いた記事なら、ちゃんと訂正記事なり「あの頃は短絡していました、スミマセン」的な文章を載せて、自分たちの姿勢を振り返るのが責任あるメディアというものじゃないだろうか。もっとも「あかはた」がマスメディアだとしての話だがw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/49413487

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正事件の報道が、いろんな意味でよう分からん??:

« とりあえず払ってもらうの受信料 | トップページ | 東京都のHP »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ