« 東京都のHP | トップページ | ETV特集「“小さな金融”が世界を変える」 »

2010-10-09

平和賞を冒涜しているのは中共だ!

劉暁波(リウ・シアオポー)氏のノーベル平和賞受賞はほんとに画期的! 平和賞を冒涜しているのは中共のほうだろう。

昨年のオバマの受賞みたく何か微妙な話はもちろん、過去の例ではキッシンジャーとか佐藤栄作とか、ようわからん?な受賞もあるけれど、「平和賞」の選考委員会も時代の一定のポイントではいいことをやってくれてるみたい。とくに今回の劉暁波氏の受賞は、実際に投獄されている「政治犯」なだけに、メッセージ性は強いのではないでしょうか。

聞けばノミネート段階で中共がウラから圧力をかけていたとか。それに屈しなかったノルウェーの選考委員会の方たちの気概も素晴らしいし、何より変革を求める中国人たちがメッセージを発する機会にもなったことが素晴らしい。例えばこの朝日の記事。

  • 「ノーベル賞サイトに漢字の祝福 中国からは閲覧不能」

ノーベル賞の公式ウェブサイトには、中国の人権活動家で作家の劉暁波氏の平和賞受賞が決定した後、中国人からとみられる祝福が相次いだ。コメントは英語でとの注意書きがあるが、漢字がずらりと並んだ。

「自由こそ私たちが何としても手に入れたいもの」「歴史の車輪は前進している。自由を追求する人類の歩みは確固たるものだ」。匿名での投書が多いが、名字だけを明かし、「中国から」と書き添える書き込みも目立った。受賞に反対する意見も一部にはあったが、「(劉氏は)民族の英雄だ」などと支持するメッ セージが大半だった。..........

西洋人ってこういうタイミングでメッセージを出すことにためらわないですね。

それにくらべてわが国は....

民主党の鉢呂吉雄国対委員長は9日午前、北海道小樽市で街頭演説し、沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の際に海上保安庁が撮影したビデオ映像の公開について、「日中の友好関係がかなり流動的になっている状況も踏まえ、慎重な取り扱いが必要ではないか」との考えを示した。 一方、鉢呂氏は記者団に対し、中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与決定に関し「ある面で中国を問うている」と指摘。「人権問題で中国政府に対し問い掛けている民主活動家が、ノーベル平和賞をもらうことは今の中国の現状を象徴しているのではないか」と語った。

菅直人首相は8日夜、中国の民主活動家、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞決定に関し、「普遍的価値である人権について、ノルウェーのノーベル賞委員会がそういう評価をし、メッセージを込めて賞を出した。そのことをしっかりと受け止めておきたい」と述べるにとどめた。

何なんでしょう、この語り口の弱さはw 劉氏を即刻無条件釈放せよ!となぜ言えない?

「何事も穏便に、穏便に....」なんて最初から低姿勢だから、この好機に何もメッセージが出せない。諸外国ならうまくやってるこのメッセージというものも、日本の外交に大きく欠けてる要素じゃないでしょうか。

ちなみにWikipediaで「ノーベル平和賞」引くとさっそく劉氏の受賞が載ってます。早えーーー。

まあとにかく早く公開しろよ、ビデオw

« 東京都のHP | トップページ | ETV特集「“小さな金融”が世界を変える」 »

コメント

やってる事は北朝鮮と変わらないのにね。
高1の時「漢文(書下し文)では『人民日報』は読めない」と知った時はショックでした。
現在NHK「まいにちロシア語」を聴いています。無事「2ヶ月目」に突入しました。
来年4月にドイツ語かエスペラント語に行こうかという気もありますが…
夢は大きく国立国会図書館(地下鉄で40分)のソ連時代の「プラウダ」を読みこなし、ロシア人と中共・北朝鮮の未来を語りあいたいです。

中共はやはり天安門事件の後、国家主義的な教育に力を入れたことが大きいのではないでしょうか。ちょうど80年代後半に東ドイツ市民が西ドイツのTV放送を見ていたように、これから中国の若い人たちが日本や欧米のメディアに接してどう考えていくか、人的交流が中国の現状を変えていく要かもしれません。
「プラウダ」ですか!なんだか言葉自体が懐かしい~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/49691503

この記事へのトラックバック一覧です: 平和賞を冒涜しているのは中共だ!:

« 東京都のHP | トップページ | ETV特集「“小さな金融”が世界を変える」 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ