« 参議院選挙が終わって1週間 | トップページ | ココログフリーへの引っ越しは......中止w »

2016-07-17

野党共闘やらの微妙な部分:2016参院選

去年の暮に民主党(当時)の前原誠司さんが「共産党はシロアリみたいなもの」と言ったときは、TVの前で机叩いて爆笑しましたが、同じ頃の大阪の市長選はその前原さんの言葉がズバリ本当であったことを証明しました。なのに何の教訓も得ずに。今回の参議院選、民進党は共産党と野党共闘ってもう....。

私はこの野党共闘、聞いたときからズッコケました。そんなことしたってどうせ共産党の議席がちょこっとだけ増えて、民進党の議席はガタっと減るだけ、そう思ってましたが、実際そうなりました。だってそれぞれの組織の性格の違い考えたらそうなりませんか?共産党員は上層部から「今回は民進党の議員に入れなさい、比例は共産で」と司令を出せばそうするでしょう。でも民進党の支持者はそんなに簡単には読めない。共産と共闘でかえって反発って人も居たでしょうし。

一人区の3分の1にあたる11人が野党統一候補として当選したことを共産党は成功と捉えたいようですが、1人区なので当然共闘すれば入りやすかったという読みなわけで。ではその他2人枠以上の選挙区は、野党共闘が良いふうに作用したかというと、けっこう邪魔になっていた(特に民進党にとって)という印象を持ちました。一人区か複数区かにかぎらず、共産党と選挙協力しようとすれば民進党側に足並みの乱れが起きた。

その証拠に共産候補に一本化された唯一の選挙区であった香川で、野党統一候補が得た票数は、前回の参院選で民主、共産両党の2候補が獲得した票数の合計を16.1ポイント減らしました。(前回の2候補の計は約17万票で全体の41%だったのに対し、今回の野党統一候補が得た票数は約10万4000票で、26%)結果自民の候補が共産の野党統一候補を2.5倍以上!の票差で圧勝。

志位和夫は「1+1は2以上だ!」ってはしゃいでいましたが、香川は1+1がマイナスなわけで、なぜここの結果は無視するんでしょうか??

大阪は4人区でした。私が住むその大阪も、やはり共闘の問題が透けて見えたところでした。

候補を一本化することなどありえず、民進現職の尾立源幸氏に対して、共産党は政策も主張もあまり無いような何だか知らない若い女の子(たしか渡辺結とか言ったっけ?)を立てる。

私の見間違いかもしれないが、選挙最初の頃のポスターには共産党の候補のそれにはっきり「野党共闘」が謳ってあったような感じだったのに、尾立氏のポスターにはそれが無い。途中でポスターが変わったような気がしたので、ネットで検索すると、やっぱ見間違いじゃなかった(それぞれ右が後からの分)。

 

Clhujjruoaaxvrn

Cmuktyaumaarloz

C0347935_19183655_3

C0347935_19183334_2

 

 





後のポスターをよく見ると共産候補のには「野党共闘の架け橋に〜」的な弱まった表現が。一方の尾立氏のには、野党協力として共産以外の野党の名前が並んでいました。ニュースなどで漏れ聞いたところでは、尾立氏の陣営幹部は「『共闘』で最も被害を受けるのは尾立だ」と漏らしていたとか。結局もともと都構想に反対だった元自民の女性を迎え入れて、犬猿の仲とも見えた候補を2人とも当選させるといったウルトラCをやってのけた維新に票を食われ、民進も共産も両ボツ。

しかも私個人的には民主党の中でも比較的マシな、ちゃんと政策を持っている人だと思った尾立源幸氏が、その共産の新人娘にすら負けてしまうという無残な結果。もし候補を尾立源幸氏に一本化して共産票が全て民進に入ったら確実に当選したかもって、まあそんなに単純にはいかないんでしょうが、いずれにしろ共産党は共闘しなくてもシロアリでした。

野党共闘できたのかできなかったのかよくわからない複数枠選挙区でのこの形、例えば自民の三原じゅん子さんが圧勝した神奈川も似ています。ここは民進党候補が二人居て、片方の金子洋一さんという候補が落選した。ここも大阪と同じで、浅賀由香という大阪の候補と年齢的にも同じような共産党の新人女性に得票数で負けた形で共倒れ落選。やはり2者の得票数を合わせれば、三原じゅん子には勝てないものの2位の当選者より多い。ところがこの金子氏は元内閣府官僚で、あの経済学者である高橋洋一氏が民進党の中でも金融政策が雇用政策であることをわかっている優秀な人材だそうだ。

尾立氏や金子氏に見られるように、今回の参院選で民進党は何人かの優秀な人材を失ったかもしれません。それが例えば民進党の支持母体である労組から「共産に協力するのは嫌だ」的な空気が流れたりして、選挙中に野党共闘について話しあうこの無駄が影響しているとすれば、共産=シロアリ説はやはりリアルです。

でも他県では、1人区で野党共闘したから落ちた的な話もありました。こちらはほんとのシロアリかも。

典型は滋賀県の林久美子さん。野党統一候補だったがみごと落選。連合滋賀の60代の人たちが「えー共産と協力??勘弁してーな」的な揉め事も漏れ聞いた選挙区だったそうですが、旧民主党の支持者が周辺部分までほんまに林候補に入れたとは、どうも思えん。

それにしてもこの林久美子さん、知ってる人は皆常識なんでしょうが、大阪の私は無知でした。本名を世耕久美子さんと言い、旦那があの自民の強力ブレーン世耕弘成氏と知って今更仰天。我が家では息子に「おまえんとこの大学の理事の奥さんが選挙落ちたで」と言ってました。旦那が自民の重鎮って....そんな人が正直家で何話してるんだか??と不信にも思います。でも逆に考えればこの民主党ベテラン女性議員を、旦那が自民党であるにもかかわらずいろんな縁あって応援してくれていた人たちだったら、共産との共闘をよく思わない人もたくさん居たでしょうに。

« 参議院選挙が終わって1週間 | トップページ | ココログフリーへの引っ越しは......中止w »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/63928191

この記事へのトラックバック一覧です: 野党共闘やらの微妙な部分:2016参院選:

« 参議院選挙が終わって1週間 | トップページ | ココログフリーへの引っ越しは......中止w »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ