« 2016年6月 | トップページ

2016-07-17

野党共闘やらの微妙な部分:2016参院選

去年の暮に民主党(当時)の前原誠司さんが「共産党はシロアリみたいなもの」と言ったときは、TVの前で机叩いて爆笑しましたが、同じ頃の大阪の市長選はその前原さんの言葉がズバリ本当であったことを証明しました。なのに何の教訓も得ずに。今回の参議院選、民進党は共産党と野党共闘ってもう....。

続きを読む "野党共闘やらの微妙な部分:2016参院選" »

参議院選挙が終わって1週間

参議院選挙が終わってから、はや1週間経ちました。この文章読んだら私が自民党支持者みたいに見えるかもですが、自民党には入れていませんw ただ最近確実に思うのは、死んでも共産党にはもう入れまい!という決心でしょうか。

選挙直前にバングラデシュの首都ダッカでテロがあって、日本人が(それも海外で支援活動していた人たちが)7人も殺されたのは本当にびっくりでした。

続きを読む "参議院選挙が終わって1週間" »

2016-07-04

共産党的護憲の先には改憲があると、ず〜と昔から思ってたけど、違いましたっけ?

前の記事に書いた「月刊Hanada」8月号の兵本達吉さんが書いてるマルクス主義の話など、実にカビが生えた退屈な話でしょうね。

こういった話は「SEALDsに共感しました」「最近の共産党は存在感増してるねー」的に受け取っている人たちには関心の無い話とは思います。
しかし共産党にかぎらず、自民党だって公明党だって、表の党の路線の背後にはこれだけは外せない理論的支柱というものがあるはずじゃないですか。政党の本当の姿を理解するにはそこは無視できません。

続きを読む "共産党的護憲の先には改憲があると、ず〜と昔から思ってたけど、違いましたっけ?" »

2016-07-03

「月刊Hanada」8月号の兵本達吉さんの記事

「WiLL」5月号で「共産党の『黒い履歴書』」を書いていたおなじみ兵本達吉さんですが、「月刊Hanada」8月号では続編の「日本共産党の『黒い報告書』(独裁編)」を書いています。兵本さんの「日本共産党の戦後秘史」という本は、大学で同級生だった知り合いの党員の親(党の有名な古参議員で弁護士)の話が出てきてそれなりに面白く読んだのですが、正直マルクス主義の問題点について簡単に片付けられすぎてて少し受け付けない部分がありました。でもこの『報告書』(独裁編)はなかなか良いと思いました。

続きを読む "「月刊Hanada」8月号の兵本達吉さんの記事" »

« 2016年6月 | トップページ

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ