« 都知事選にもあった共産党的排除 --- 「排除します」の件(3) | トップページ | 立憲民主党の支持層のニュースがよくわからない件 »

2017-10-15

共産党は小池百合子の「排除」を批判する資格はないっしょw --- 「排除します」の件(4)

都知事選が終わると共産党はすぐに小池人気に便乗し、宇都宮健児氏のことなど忘れてしまった。

小池知事がズルズルと引き延ばしてきたあげく一応移転することだけは決まった豊洲市場だが、実際には科学的安全レベルであった豊洲の汚染を大げさに吹聴した共産党は、今になってハシゴを外された形だ。

しかし今更豊洲は安全になりました〜とは言えないので、共産党はこの問題で知事と対立するようになった。もっとも最初に汚染を吹聴したのは公明党も同罪だが、都政レベルでは自民党を見捨て小池知事に協力しだすというまさかの変転を遂げた公明党のほうが一段賢かった。今度の衆院選で「希望の党」が、都議会と国政での公明党の矛盾した立ち位置に介入しないように候補の調整をしてきた点(私はそう来ると思っていたが)をみてもうなずける。今も豊洲の汚染を強調することで一般都民の支持を得られると勘違いしている共産党は、去年の都知事選なんかよりずっとずっと前から豊洲汚染を指摘していた宇都宮健児氏を、なぜ擁立しなかったのだろうか?鳥越など応援させたことと合わせて、二重三重に矛盾している日本共産党だが、共産党がいつも強調自慢する「首尾一貫性」など、そんな程度のものである。

ところで「首尾一貫性w」と言えば、ここ大阪では共産党が自民党と組んで維新と対立しているな〜。

と、思っていたら今回の衆院選、香川1区では希望の党と共闘して自主投票するらしい。昨日の党首討論で志位は「希望の党は自民の補完勢力であること明らか!」って言ってなかったっけ...。

最近のマスコミでは、小池百合子の「排除しますw」がやや批判されている。民進党との野党共闘をぶっ潰された共産党の意見も、「排除します」にはやはり批判的だ。こんな共産党だが、過去いろんな局面で敵や身内を排除してきた共産党に、小池百合子の「排除しますw」を批判する資格があるのだろうか。

小池百合子がとった候補者選別の論理は、一定の主義主張を持ってそのカラーを明瞭にしなければならない政党としては、ごく普通の論理である。勝手によその大衆団体に潜り込んで特定の人物を排除したり、大学で普通の講演をしようとした作家をその人物が「右派系」だからといって排除するのとは、レベルの違うまともな話である。

ただ「希望の党」自体については、一方でまともな原則は評価できても現実は別だ。「希望の党」が公認した民進党系の候補者が、思っていた以上に多いことにはかなり疑問である。排除されそうになって、自分の過去の政治信条を簡単に「解釈改憲」してしまった元民進党の候補は、「排除しますw」の小池代表より、もっともっと批判されるべきだろう。ましてや、小池人気が落ちてきた最近は、今度は当選後の民進党復帰を画策するなど、要は政策信条のないただ議員を続けたいバカの集まりにすぎない。

小池百合子には、安保法制反対を言っていた議員など公認してほしくなかった。首相指名を明確にしない「希望の党」だが、今回の衆院選で政権を取りに行く気がないなら、民進党の変節議員をこんなにたくさん公認する必要はなかったはずだ。

私が思うに、百合子さん、むしろ、もっと排除すればよかったのにw

« 都知事選にもあった共産党的排除 --- 「排除します」の件(3) | トップページ | 立憲民主党の支持層のニュースがよくわからない件 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/65921942

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党は小池百合子の「排除」を批判する資格はないっしょw --- 「排除します」の件(4):

« 都知事選にもあった共産党的排除 --- 「排除します」の件(3) | トップページ | 立憲民主党の支持層のニュースがよくわからない件 »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ