« で、前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(7) | トップページ | で、やっぱり前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(9) »

2017-10-10

TVや新聞の信頼性はむしろ終わりつつある --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(8)

この数カ月の政治報道で特徴的だったのは、一部の左派系新聞やTVニュースよりもネットの情報のほうがずっと網羅的で、その分私達は情報の真実を選びとり判断できるようになったことだ。

かつてネットの情報は信頼できないと言われ続けた。しかしある記事には一定のバイアスがかかっていても、いろんな方向からのそれぞれのバイアスが読めるので、全体的にはネットのほうが役に立つようになった。

小池百合子が出馬した昨年の都知事選でもSNSの効果が言われたが、TVや新聞の信頼性はむしろ終わりつつある。閉会中審査で加戸前愛媛県知事が言った言葉、

「TVも新聞も私の意見など取り上げてくれなかった。YouTubeだけが本当のことを流してくれた」と語ったのは、象徴的である。

--------------------

以下「加計問題」について、この間いろいろ見たり読んだりしてきた情報を箇条書きしてみる。一つ一つの事柄はネットで調べればわかるし、それらをよく読んだりしてきた人にはいまさらな事柄だろう。

  • ◎ 閉会中審査で加戸守行・前愛媛県知事が訴えたことは、それより前に産経新聞で読んでいた。 獣医師会やそこを支持母体とする議員が加戸氏に「申請するな」とのやんわりと(かつ卑怯な)圧力をかけていたこともそこで知っていた。

  • ◎ 玉木雄一郎議員の親兄弟が獣医で、しかも親は獣医師会でも一定の地位にあり、玉木議員自身も獣医師会から献金を受けていたこと。 また実際に地元の獣医師会の集まりで玉木議員は、会の利益を図るよう今後も努力します的な演説しちゃってること。 

  • ◎ いわゆる「石破4条件」は、新設の獣医師要請大学を作らせないための獣医師会の政界工作の成果であること(獣医師会の記録に残っている)。 そのことを石破茂氏はネットなどで暴露されるまで黙っていたこと。 

  • ◎ 国家戦略特区諮問会議などでは、加計学園だけが優先されたわけではなく、京都産業大学も選考対象に入っていたこと。 またそのことを獣医師会自身も知っていたこと(これも記録に残っている)。 

  • ◎ そもそも加計学園1校に対象が絞られたのは、せめて認定は1校だけにしてくれとの獣医師会からの要請がきっかけであり、首相近辺の圧力ではなかったこと。

  • ◎ また選考から外された京産大自身が(きっとやりたくもなかった)記者会見を開き、疑惑に繋がるような話は何もありませんでしたがなにか?と言ったこと。

..............等々等々 もう書きだせばきりがない。ネットで元官僚の方たちや事実関係を調べたサイトなど読めばいろいろ出てくる。このへんが見えてくると、TVニュースなど、あほらしくて見てられない。

結論として「最高権力による文科省への圧力」「首相や側近がお友達の申請を優先させた疑惑」とか、民進党や朝日毎日系左派メディアが連日報じてきた問題が、いくらたっても存在すら証明されないばかりか、そんな問題などなかったという論証ばかりが出てくる。

数日に渡って行われた閉会中審査では、小野寺五典(現防衛大臣)や、元ジャーナリストの青山繁晴氏の秀逸な質疑応答があったにもかかわらず、そこで答えた加戸前愛媛県知事の熱弁を、TVのニュースや朝日毎日系の新聞はほとんど報道しなかった。東京新聞の特報部記者に至っては「加戸守行氏の発言が報道されないのは、報道する価値がなかったから」だとか書いてネットで炎上。報道の価値を視聴者に判断させず、マスコミ側が上から目線で切り取って偏向報道している姿勢が逆に明らかになった。

私は青山氏や小野寺氏の質疑応答を全部YouTubeで見た。どう見ても加戸前愛媛県知事と例の前川氏への答弁は、時間的にも回数的にも平等に交互にされていて、TVや新聞の報道が露骨にその半分を切り取ったにすぎないものであることを知った。

以前の最初の記者会見で、あの「出合い系」の話を20分ぐらい真面目に答えていた前川氏を、初動段階で権力に立ち向かうヒーローに祭り上げてしまったマスゴミは、もはやその既定路線を修正できなくなり、自分たちに都合のいい物語だけを切り取って垂れ流したのだ。

--------------------

加戸前愛媛県知事の閉会中審査での発言は、加戸氏が狂牛病や鳥インフルの猛威が差し迫り、地方公務で働く獣医師がいかに不足しているか実感したことに端を発している。

獣医師不足問題だけでなく、ウイルスパニックに対応できる日本での研究がアメリカ等と比べてもいかに遅れをとっているか、前知事はそのことも切々と訴えた。あえて前川氏の言葉を逆に引用して

「行政がゆがめられたのではなく、ゆがめられた行政が正されたのだ」

と真っ向から反論した前知事の弁論は、本当に素晴らしいものだった。

それを偏向マスコミは「報道する価値が無い」と消し去るのである。あまりのアホらしさに呆れるも通り越したこの数カ月だった。

きっとどこかの地方でウイルスパニックなど起きて、人にまで被害が出始めたら、パニックものは映画と同じで視聴者の関心を引き視聴率が取れるから一生懸命報道するのだろう。しかし、そこにいたるまでにパニックを水際で止めようとしたまわりの人たちの地道な努力や思いなど、番組にしたところで地味だから関心なく、番組にするとすればきっとパニックが起きて被害が出た一定後の特集番組である。私達はそういうニュースを見せられている。

実際福島の原発事故の報道がすでにそういう流れになっている。

この思い切りの偏向報道の数カ月、自分たちに都合の悪いニュースをTVは流さない。だから、「安保法制反対」とかの集会はさんざん見せられたが、TBSの前で「偏向報道ヤメろ!」のデモ行進が行われたことなど、けっしてTVニュースにはしない。 

« で、前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(7) | トップページ | で、やっぱり前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(9) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/65897682

この記事へのトラックバック一覧です: TVや新聞の信頼性はむしろ終わりつつある --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(8):

« で、前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(7) | トップページ | で、やっぱり前川さんって何だったの?? --- 「モリカケ疑惑」とかいう偏向報道(9) »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ