« 加計学園問題、民進党が公開している文書がなんだか変! | トップページ | やっぱり闇鍋選挙になりそうな気が.... »

2017-10-01

民進党事実上の解党、突然の混迷、でも久しぶりの面白さw

昔、仕事で失敗しないためには仕事をしなければいいという名言(?)を放ったOBが職場に居た。それと同じことかもと、前原氏の腹の中を想像してみる。

家がシロアリに食われないためには、先に家を壊してしまえばいいということだろうか。しかし、やり方はどうなんだろう?どうも勝手に引越し先を決めた模様で、新居に入居条件があるとは聞いていなかったらしい(表面はそう見える)。しかし、民進党の執行部はよくこの「事実上の解党方針」を了承したものだ。全員が引っ越せないことなど、素人でもわかるのに........。

この「解党劇」、いったい誰がどこでどんな意図でこの形を考えたのか?何となく小沢一郎の影を感じる人も多いようだ。実際、前原氏も小池氏も小沢と会っていたし。今思えば、テレビで玉木議員が妙に「いっそ解党して」としきりに言っていたのも、最初はアホかと思ったが、何か裏があったのかもしれない。

しかしかと言って、今の小沢氏にはもうかつての野望が感じられない。夢みたいな話を前原代表に持ちかけて、「壊し屋」だけに単に壊しただけなのだろう。区割り変更で小沢氏の立候補する選挙区(岩手3区)に立つはずだった民進党の候補(黄川田徹前衆院議員)が、民進党の公認が消滅したことで比例代表になれないため引退するらしい。まあ年齢が年齢だけに普通に引退するだけらしいが、今回の一件で民進党としての後継を検討することもできなくなった。むしろ小沢氏に関心があるとすれば、その程度の話かもしれない。

そもそも引っ越そうにも、近所に思えた引越し先の門前では、小池百合子が国旗を持って立っている。おまけに家の中では中山恭子が日章旗かざしているのだ。民進党の自称「リベラル派」はさぞかしやりにくかろうと思っていたら、案の定今日のニュースで辻元清美が「私行きません!」と来た。いや心配しなくてもあんた呼ばれませんから、と思わずTVにツッコミ。

しかし、中にはかつて安保法制に反対した民進党議員で、今回希望の党の公認ほしさに容認に転じ出した者がいるらしい。共産党を支持するわけではないが、今小池百合子に尻尾をふりだしたそんな節操のない議員は、皆、希望の党からも排除され、国民からも見放されればいいと思う。あの時の「強行採決」の場面がTVに映ると、民進党議員がかざしていた「強行採決反対!」プラカードの文字が、「公認して下さい!」と書いてあるように見えてきて妙に可笑しい。

マスコミの報道は今日もバカバカしい。「希望の党は民進党候補を全員受け入れるのでしょうか?」って、視聴者の関心をそこに煽るけど、........そんなことあるわけないっしょw

昨日のニュースにあった前原氏と小池氏の温度差。前原氏は「全員受け入れてもらう」と言い、小池氏はニッコリ笑って「排除しますw」と言う。この温度差にむしろヒントがあるかもしれない。実際に会談していてここまで食い違うなんてありえない。むしろ前原氏は、小池新党が左派の民進党候補を排除することを知っていて、あえて「全員受け入れで一致した」とうわべを作っているような気がした。

だとすれば今回の選挙劇、これは前原氏も含めた一部の人間が考えた、民進党内リベラル左派の排除劇かもしれない。そもそもついこの前まで大阪のテレビ番組で「我々はあくまで現状の党で頑張る」と言っていた松原仁が、突然「希望の党」へ行ったことも奇妙に見えた。細野豪志の離党と希望の党への合流は、前原代表の命を受けた先遣隊だったという噂も、意外と事実かもしれないように見えてくる。民進党中道派による左派へのはしご外し。今回のドタバタはそれ以外の効果も中身もそれほど無いのかもしれない。だが、リベラル左派にとってはとんでもない末路が待っているかもしれない。なぜなら.....。

なぜなら、これで野党共闘を潰されて怒った共産党が本気でシロアリになる。やり直しの共闘先は社民党しかないようだが、民進党時代は安保法案や改憲に反対し、今回は保守の小池氏に擦り寄るために容認する、そんな候補の票を共産党が剥がしに行くだろう。希望の党から排除された民進党左派議員がどういう形で結集するのかは、未知数ではあるが。

しかしもっと肝心な問題は、希望の党自体にさほどの中身を感じないことではないか?小池氏自身が都知事としてやってきたことに示されているように、イメージや話題性だけで実務的に前進できない人に見えている。都知事選や都議選のときと違って、国民目線でもそこは見えてきている。なら希望の党は都市部でしか票が取れないのでは?思っていたほど入らないのかもしれない。

結果的に自民党は、議席数は少し減らしてもある程度の現状維持をするんじゃないか?と思えてくる。しかもその減らした議席を埋める希望の党は改憲勢力であるしw

さてどうなることやら。個人的には今回の選挙、期日前投票しなければいけない。投票日前日にまだ東京に出張している。きっと街はやかましいだろうな........。

« 加計学園問題、民進党が公開している文書がなんだか変! | トップページ | やっぱり闇鍋選挙になりそうな気が.... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/65861959

この記事へのトラックバック一覧です: 民進党事実上の解党、突然の混迷、でも久しぶりの面白さw:

« 加計学園問題、民進党が公開している文書がなんだか変! | トップページ | やっぱり闇鍋選挙になりそうな気が.... »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ