« 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1) | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(3) »

2018-02-03

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2)

話を「赤旗」に戻そう。

「赤旗」という新聞は朝日やTBSほどの影響を持っていない。TVのニュースや大手の新聞は日本共産党や「赤旗」の批判はほとんどしないが、それは批判するとうるさいからということもある。そこは公明党&創価学会批判をしないのと同じだ。また一方で、「赤旗」の場合は「世間への影響力がない」=「批判するほどの価値が無い」という点もあるだろう。

その証拠に産経新聞ですら、紙面で日本共産党や「赤旗」批判は書かないわけではないが、朝日新聞批判の分量に比べればわずかである。産経新聞はこうした共産党批判の内容を、むしろ趣味的読者の購買が見込める雑誌や単行本で出版する。その結果産経新聞と日本共産党の古い因縁について、一般の若い人々が興味を抱くことはめったに無く、結果フジサンケイグループの土台を築いた産経新聞の大物社長が実は獄中での転向声明第一号と言われ、初代「赤旗」編集長であった水野成夫氏だなんてことは、ほとんどの人は知らないのだろう。

「赤旗」と言えば、昔は党大会前や中央委員会総会の前に毎度載る(ホンッとに長大な!)不破哲三ら幹部の論文や基調報告を読んで、理解することが共産党員の義務だった。私も赤ペンで線引いてやっていた。

考えてみれば様々な決議大会の後だけでなく、その事前にも載る不破論文とかを「党員の義務として理解しておく」などという流れ、つまり上から降りてきた論文をありがたく読ませていただく、いや読んでおけ!命令的な流れ自体がどうなのか?そしてそれについて各支部各班で「大会までに大いに議論して深めておくこと」という上からの司令(=批判的意見はほとんど言えないし言わない人がほとんど)という流れ自体がどうなのか。実に民主主義とはかけ離れた上意下達のシステムそのものではないのか。
共産党のなんちゃら委員会とか全国なんちゃら大会とかが、結果的に出来レースのハイハイ!シャンシャン大会になるのは当然のことなのである。

そんなだから私は党員だったころから、長大な幹部論文を載せて強制的に読ませる、こんな新聞のいったいどこが一般紙にも置き換わるような「真実の新聞」なのかさっぱり分からなかった。

当たり前のことだが「赤旗」は一般新聞では無い。日本共産党のための政党新聞である。党員のための記事だとか大会報告とかも載せるので、広く多面的な情報を一般読者に届けようにも誌面物理的に限界がある。
また日本共産党自体が日本の政治に関わるひとつの政党であり、ある種の権力であるし、その組織の内部構造も民主集中制という一般の人たちがイメージする民主主義とは異質な権力構造に支えられている。だから「赤旗」はアメリカや日本の政府のような権力に物が言えても、日本共産党という組織権力にはモノが言えない新聞である。

これはこうして書くまでもないアッタリまえの事実である。

« 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1) | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/66354090

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2):

« 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1) | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(3) »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ