« 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2) »

2018-02-03

「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1)

数年前から辿ると産経、朝日、読売と、我が家では新聞を数年おきに変えてきたが、先月その読売も止めた。今後、紙の新聞は取らないことにした。ネットの情報で十分である。

さて今年は赤旗創刊90周年だそうである。某所で「初代編集長の名前が出せない理由」なる記事が載っているが、私はさほど詳しくはないものの、その人物のことを少しは知っていたので思わずクスッと笑ってしまった。

戦前あるいは戦後すぐの頃活躍した政財界の大物には、有名なナベツネの例を筆頭に、若い頃日本共産党員だったが、その後真反対とも言っていい立場に変わった人物が居る。また廣松渉のように、マルクス主義からけっして離れたことは無くても、共産党の組織からはっきりと距離を置いた元党員も居る。

こういった人たちは皆、頭がよく実務的にも有能であったがゆえに、いわゆる「活動してみたからこそ分かった」人たちなのだろう。

最近、朝日新聞やTBS、毎日新聞等、左派系メディアの劣化がよく言われる。赤旗新聞などというものは、これら大手のメディアに比べれば弱小であるし、その分世間への影響も少ない。だから朝日やTBSほどネットで叩かれないが、書いていることは同じ方向で、より単純化されているので内容が一面的であることに変わりはない。
ただ先の「しんぶん赤旗」紙上の90週年あいさつにあるとおり、共産党自身は赤旗の位置づけについて今も「真実を伝えるしんぶん」だと信じていて、朝日などの一般紙にも置き換わるメディアだと相当昔から言ってきた。一般の人から見ればココは笑うところである。

----------------------------------------

「赤旗」自身が実際どうかはさておき、新聞というものが「真実を伝える」べきものだという共産党の主張が間違っているわけではない。

よく菅官房長官の記者会見でひつこい質問をしている東京新聞の望月衣塑子という女性記者が居る。彼女が「新聞記者の役割は権力と闘うことだ」と言ったらしいがそれは可笑しいだろう。新聞に限らずTVやネットのニュースも含めて、マスコミの役割は「真実を伝えること」にあるのではないだろうか。

望月記者の言う「権力」とは、その時々の政権であろう。もしその政治に問題があれば、それを読者に知らせるのは確かに重要なことだ。しかし暴かれる問題が事実であることがまず先決である。書かれた記事が真実でありそれが時の政権の問題点を暴き出すものであれば、結果的に「権力批判」に繋がるだけである。根幹に事実真実を据えなければ、権力批判できるならフェイクでも価値があるとなってしまう。その意味で「権力批判」を最初から自己目的化するのはいかがなものかと思う。

そして実際、世の多くの事象は何がいったい真実なのか不確定な事案が多い。それだからこそマスコミの役割は、様々な見方を併記し、判断を読者に委ね考えさせることこそが重要だと思う。多くの情報や様々な立場の専門家の意見など集められない個々人にとっては、そういうマスコミならむしろ必要だろう。

しかし現実今のマスコミはそうはなっていない。朝日新聞の幹部クラスの人物が末端の記者に対してこう言ったそうだ。「自分たちの会社は戦前日本を誤った方向に進める情報加担をした。そういう苦い記憶があるからこそ、今はその罪滅ぼしをする立場でものを書くんだ」と。慰安婦問題で誤った情報扇動をした罪と、この話がどう繋がるのか聞いてみたいところだが、それはさておきひとつの疑問が残る。
国民に誤った情報を流し、そんな新聞やTVしかみれない情報源の狭い人たち(多くがお年寄りだろう)に多大な影響を与えることが可能な大手のメディア自身は、それはそれで十分「権力」として存在しているのではないかという疑問だ。

たしかに新聞社が政権を動かしているわけではない。しかし秋葉原の集会の端っこにいたごく少数の人をアップで撮り、「安倍辞めろ」の旗を遠近法のマジックでデカデカとTVの画面に広げて見せて、あたかも大多数の国民が安倍政権に反対しているかのような似非演出をお茶の間に流すのは、十分権力と言っていい所業である。

望月衣塑子という記者は、「権力と闘うのが自身の役割だ」と言っているのなら、なぜ大手マスコミという一大権力とは戦わないのだろうか??

« 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/66354082

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(1):

« 徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 | トップページ | 「赤旗新聞」創刊90年とかいうどうでもいい話から、マスコミとか、その「赤旗」についてとか雑談してみたりする(2) »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ