« 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(1) | トップページ | 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(3) »

2018-05-03

「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(2)

首相夫人がいやいや名誉校長になった話は、夫人の不用意なミスだが、土地売買の契約自体はそれより前に成立している。名誉校長になるより数カ月前、2014年のある時期から首相夫人は籠池氏と知り合っているが、それよりずっと前に航空局が特殊なあの土地を売りたがっていたこと、2013年9月に森友が小学校用地として取得要望を出した頃から近財が森友に取得指南していたこと、などが財務省の改竄前の文書内容に記録されている。(だからこそ文書は改竄せずに出すべきだった)

産経新聞:2018.3.26の記事によれば、改竄前の文書に、2013年8月「鴻池祥肇議員(参・自・兵庫)から近畿局への陳情案件」との記載があり、また同年9月から10月「認可の状況について照会」という記載部分がある。ここで近財はすでに「大阪府私学・大学課に訪問し、今後の連携について要請」したことを報告しており、鴻池事務所の「陳情整理報告書」とされるメモに、「近財が大阪府と話し合ってくれていると籠池氏に伝えた」との記載(2013年9月)がある点と一致する。

こうして小学校の認可権を持つ大阪府が借地での認可に難色を示していたのに対し、7~8年賃借後の購入でもOKの方向で近財が大阪府と話し合っていた経緯が見える。近財は森友へ賃貸後売却の方向で積極的に動いていたことになる。これは昭恵夫人が籠池氏と接点を持った2014年より前年からの話である。


たしかに2013年の時点で学園側に有利なように近財が動いてくれていたとしても、籠池氏が昭恵夫人と知り合った翌2014年以降、その名前を利用して籠池氏がさらに自分に有利なように話を持ちかけたという見方はできるし、実際籠池氏は「安倍の名前」をそういうふうに使おうとしたのだろう。しかしそこでの首相夫人の名前の価値は、近財や大阪航空局側からみて、恐れおののいてひれ伏し従うような力になったのであろうか?

よく考えてみるに、もし首相や首相夫人の直接の口利き、圧力によって森友側有利にことが運ばれてきたとすれば、時系列的に見た時、3.8メートルだの、杭打ち付近9メートルの深さからゴミがでてきたといった話を森友側が誇張したり、訴訟もしかねないぞと訴える必要がない。地中ゴミの話がどこまで真実でどこまで虚偽かにかかわらず、それらが単に支払い費用を安くするためだけであったとすれば、直接の口利き、圧力をもっとしてもらえば済む話だからだ。

昭恵夫人の名前や写真まで使ってみたものの、その後「さらなるゴミ」とか「訴訟」など持ちださざるえなかった籠池氏自身は、「安倍の名前」がさほど役に立たないと実は感じていたのではないだろうか。

そもそも首相夫人などがこの舞台に登場するより前に、さっさと土地を売りたい航空局が居た。そこにできるだけ安く買い叩きたい籠池氏が来た。売りたい側が訴訟にビビリ、買いたい側が当初の提示金額よりさらにできるだけ安く手に入れるために、首相夫人や政治家の名前を利用したということだろう。だとすれば首相夫人や政治家の名前が出てくることは、ことの本質ではない。

野党やマスコミが倒閣したいがためにピントのずれた攻撃を延々と1年以上やり続けた結果、この問題の深部にあるかもしれない官僚の怠慢や不正といった本丸が見過ごされているのではないだろうか。

続く

« 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(1) | トップページ | 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120253/66679247

この記事へのトラックバック一覧です: 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(2):

« 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(1) | トップページ | 「政権批判ありき」でかえって問題の本質が見逃されたモリカケ問題(3) »

aBowman

別荘はこちら

  • Marbles2
    音楽、美術、映画、本など趣味的なページはここに移転しました。考えるのが面倒だったので、タイトルは単に2です。

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

mail

  • 82pkdick@gmail.com

最近のトラックバック

無料ブログはココログ